インクの爆発はいじると余計にひどくなりますので迷わずクリーニング屋へ

もしもペンを入れたまま洗濯してしまったら

はい、お家でのお洗濯でもしボールペンも一緒にお洋服と洗濯してしまってインクが付いてしまったら、まずはインクが付いてしまったお洋服とそうで無いお洋服を分けて触らずにお持ち下さいませ。

もしも洗剤などでインクを取ろうとして触ると、余計に広がってしまう事があるんですね。

特にインクが付いた部分の見た目が、黒ではなく赤っぽかったり紫色に見えたらかなりインクの濃い状態で付いてしまったいますので要注意です!

おはようございますオノウエです。
そんな時には迷わずクリーニング屋さんに直行です!!

インクのシミ抜き事例

 

プロでもインクのシミ抜きは一番最初に油性処理をしっかりと行ってから、温度をかけたり漂白したりしないとインクが取り切れない場合があります。

油性処理で完全に油成分が取り切れていない場合は、シミが変化して取れないシミになったり致します。

そうなってしまったら、生地と同化してしまい完全に取る事は出来ない場合があります。

特に化繊(化学繊維)の場合には深部まで染まってしまうと、例えるのならブルーのペットボトルのブルーの色だけを抜いて透明に戻せないのと同じです。

この様にインクが完全に生地と同化してしまっていると、生地によってはクリーニングのプロでもどうしようもない場合は有ります。

ですので、出来るだけ触らずにすぐに持って来て頂けると取れる確率は非常に上がります。
インクのしみ抜きの場合は触らずにお早めに持って来てね♪

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。