白いブラウスの脇の部分がピンクっぽくなってるこれってどういう事なの

制汗剤は使いすぎると衣類に残り反応すると変色を起こします

はい、制服などの白いシャツの脇部分がピンクっぽくなってきた事ってありませんか?
毎日お洗濯しているハズなのにおかしいですよね。

それでも何故か脇の部分が赤っぽくやピンクっぽくなる事があるんです。

 

実はその原因は「制汗スプレー」なのかも知れません。

 

「制汗スプレー」に使用されている制汗剤は、衣類に残ってしまうと反応して変色を起こす事があるんです。
しかも普通に洗うだけでは取れないんですね~。

おはようございます衣類の再生屋オノウエです。
そんな時には焦って塩素漂白とかは絶対にしないで下さいね。

 

脇部分の色は見た感じ色が移ったようにしか見えないのですが、油溶性の処理をしても水溶性の処理をしても全く色は動きそうにありませんでした。

そこで、
部分的に酸素系の漂白を致しましたら、泡がブクブクと出てきて過剰反応を示しました。
金属の触媒反応。

ええ、銀イオンスプレーの成分です。
原因が分かれば何のことはありません♪

もし今回の様にお家で「?」な事があった場合にはぜひご相談下さいね。
お洋服のお洗濯で想定外の事が起きたら迷わずクリーニング屋にご相談くださいませ~♪

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。