レザー製品は洗うとかなりスッキリ致しますブーツもバッグも洗えますよ

皮革製品も水洗い致しますとスッキリ致しますよ

はい、写真の取り方がへたくそなのでビフォーの色が上手く映りませんで白っぽくなりました(笑)

ところで、ご購入された皮革製品って洗った事はありますか?
実は、レザージャケットやブーツやバッグって購入してから1度も洗った事がない方が沢山おられます。

皮革製品は元々は着倒して変色やキズも味になり、時間と共に劣化する事も1つのファッションとして楽しむお洋服でもあります。

中には皮革製品でもキレイ系と言いますか、ほとんど変化しないキレイな状態を保ちながら着用して楽しむ場合もあります。

どちらにせよ皮革製品って非常に人気がありますよね。

おはようございますオノウエです。
僕もブーツはレッドウイングで、サイフやブレスはイルビゾンテが好きで持っております♪

 

皮革製品で気になるのは「汚れ」と「ニオイ」です

ええ、皮革製品は中々クリーニングに出される方は少ないといえます。
ですが、気になるのは使用による「汚れ」や着用による「ニオイ」なんですね。

特に裏地のある皮革ジャケット等は、直接お肌に触れる部分も多いので「ニオイ」が気になる様です。

ですので、その洗い方は「汚れ」と「ニオイ」を両方取る為の水洗いが効果的になります。

 

 

皮革専用のドライクリーニングもありますが、水溶性の汚れが完全には取り切れないので基本的には皮革製品は水洗いになります。

ただ、洗う前には汚れや傷がある為に部分的に皮革が傷ついていたり、色が弱っている場合もあります。

そんな時には、風合いは完全に元の状態に元通りとはいきませんので、その部分も含めてご理解して頂いた上での水洗いになります。

だからと言って、洗わずにニオイ取りスプレー等を連続使用していると硬くなってきたり致しますのでお気を付け下さい。

ですので!
「汚れ」と「ニオイ」が気になり洗おうと思ったらご相談して下さいね♪

ではでは〜

 

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。