本革バッグの色がお洋服に移っちゃった!そんな時あなたはどういたしますか?

濃色の本革ショルダーバッグを持つ時には気を付けましょう

はい、良くあるシミ抜きの中の一つに他のモノからの色移りがあります。
その中でもとりわけ多いのが濃色の本革ショルダーバッグからの色移りなんですね。

色の出やすい条件としては摩擦が発生する事と、
色が移る対象と同士に水分が発生している事です。

例えば濃色の本革ショルダーバッグなら方から掛けて歩いているだけでも着用しているお洋服とバッグの間に摩擦が生じて色が移ってしまう可能性があります。

雨の日に濃色の本革ショルダーバッグを使用していると当然水分が付着する条件がそろいます。

着用しているお洋服に汗が染みこんでいる時も同じく水分がお洋服を貫通して本革ショルダーバッグに付いてしまいます。

おはようございますオノウエです。
水分と摩擦が起きない様に心がけたいですが、そんなのすべてはムリですよね~。

雨は突然降る時もありますし、思った以上に暑い日もあります。

はたして、その色移りって取れるのでしょうか?

 

「水分」と「摩擦」が原因の色移りの場合は範囲が広い場合が多い

ええ、水分も発生すると広がりやすく、摩擦も同様に一か所だけに起こるより広範囲に起こる事が多いです。
ですので、お家の応急処置にしてもその色移りに対してスポットで対処するのは中々難しいと思います。

応急処置で擦ったりしても生地の中に浸透していくだけで生地を傷めますし、生地によっては合わない洗剤や漂白剤を使用すると余計に色が取れにくくなったりも致します。

そこで、クリーニングでしみ抜きを行う時にはスポットで色を弱めた後に、全体的にシミ抜き処理を行う事で対応致します。

そうすれば色が移った部分と移っていない部分の境目なども消す事が出来ます。

どうしてもご自分で応急処置やシミ抜きを試したい場合には、一番目立たない部分で小さく試してみて取れなければその時点で止めておきましょう。

後はシミ抜きの出来るいつもの信頼するクリーニング屋さんにおまかせ下さいませ。
もしそこで落ちなかったら、別のシミ抜きの出来るクリーニング屋さんに頼むのもありですよ♪

私もご相談お受けいたします!
ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。