インクには色んな種類がありますのでお気に入りのお洋服はプロにおまかせしましょう

ボールペンのシミはシミ抜きの常連のシミ

はい、毎日必ず一点以上はあるシミ抜きのご依頼がボールペンのシミです。
しみ抜きの種類では間違いなくトップです。

ある日洗濯物を取り入れて置いていたトコロ、小さいお子様が知らない間にボールペンで落書きしてしまった。
とこんなケースもあります。

そんな場合はお子さんのセンスが中々アートな事を褒めてあげましょう(笑)

もしも、ボールペン等のシミが大事なお気に入りのお洋服にに付いてしまったら、テカリのある素材や触りごこちが良い素材は自己流のしみ抜きはお勧めできません。

なぜなら、手触りが良いという事は糸が細く傷つきやすいデリケートな生地と言えます。
そして、そんな生地の場合は機密性もよく水も浸透しにくいものです。

目の細かい生地は撥水加工等の吹き付け加工がよく効く反面、一度汚れが染み込むとお家で取る事が困難になります。

おはようございますオノウエです。
プロのクリーニング屋さんではいろんな成分に対する専用の薬品がありますので、ピンポイントにそのシミを取る事が出来るのです。

その上、科学変化によりシミを取り除く為に生地にも余計な負担は与えませんので、物理的な傷等はできにくいのです。

大事な一品は自分で触ってしまう前にまずはプロにご相談くださいね。

 

 

落ちそうになかったら触らない事、落ちやすいインクと落ちにくいインクがあります

ええ、基本的にはボールペンのインクは油性のボールペンが主流です。
衣類に付いても専用の薬品を使用して完全に除去できる場合が多いのです。

しかし、ゲルインクは油性と水性の良いとこどりのインクであり、ペン先から出たら滲みにくく乾燥したら耐久性も耐光性も強くすごく取れにくいのが特徴です。

ですので衣類に付くとかなり面倒なインクなんですね。
インクにも色々種類があるんです。

ゲルインクは油性と水性の両方の良いとこ取りなので両方の落ちにくさも持っています。
なので、ご家庭で完全に落とし切るのは難しいでしょう。

さらに、ご家庭で自己処理する事によってクリーニング屋に持って行った時には、もっと落ちにくくなってしまう可能性すら有ります。

でも、
ハッキリ言って自分の使っているボールペンのインクが油性だろうが水性だろうがゲルインクだろうが、そんな事気にする人はいませんよね。

最終的にはシミが取れればいいのでクリーニング屋で「有料シミ抜きで」と伝えて下さい♪

クリーニング屋が使っているシミ抜きの薬品はお高い物や特定のシミに特化したシミ抜き剤やシミ抜き専用の機械等があります。

常日頃から勉強している経験もあるプロが使用致しますので、お家では落とす事の出来ないシミをキレイに取る事が出来る訳です。

ですのでご家庭の処理の仕方とはまるで違います。
現状よりは必ず良くなるはずです。

もし、いつも出しているクリーニング屋でしみ抜きをしても「これ以上は生地が傷むので、落ちませんでした」等の返答が多くシミが取れていない場合は、違うクリーニング屋でしっかりシミを落としてもらいましょう♪

近くにクリーニング屋がない場合にはクリーニングISEYAのオノウエにおまかせくださいませ♪

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。