白いお洋服に付いたシミが取れないからといってシミ隠しに修正液を使わないでね

IMG_20150209_153244

 

シミを隠そうとして修正液やマジックは使わない様に致しましょう

はい、白いお洋服に付いてしまったシミが洗っても取れない時に、そのシミを隠す為に修正液を使ってしまう事があります。

そういたしますと、その部分だけペンキを塗ったようになり硬くなって余計に目立ったり致します。
同じく黒いお洋服のシミを隠すのに黒マジックを使うと、テカって見えてしまい余計に目立ちます。

もちろんこの2つ共良く考えてみるとそういった用途では仕様出来る様には作られておりません。
使って見て初めて、「あ~。止めとけばよかった・・」と思う事もあると思います。

クリーニングに従事していなかった頃の僕も昔は経験いたしました(笑)
普段便利なモノだからと言ってもやはり万能ではありませんよね~

おはようございますオノウエです。
使い方を誤りますと後で大変になりますので、使う前に一呼吸おいてから取り敢えず止めておきましょう♪

 

 

IMG_20150209_153329

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムリして取ろうとすると生地を傷めて毛羽立ってしまったり色が取れたりも致します

ネットで「修正液の取り方」と検索してみますと色々と出てきます。

例えば、乾いたら手で揉みほぐして下さいとか、除光液を付けてティッシュでトントンして下さいとか、歯磨き粉を使って歯ブラシでゴシゴシしてみたりして下さい、とか出てきます。

ヘタに行うと生地を傷めて毛羽立ってしまったり色が取れたりも致します。

物理的に削り取る方法も無くは無いのですが、やり方が荒いとかえって生地を傷める事が多く、実際にイロイロと触られてからお持ちになるお洋服の場合には色修正が必要になるぐらいの事が多いです。

ちなみに修正液の成分と特徴はコチラになります。

 

修正液

主成分:白色酸化チタン

白色の塗料や、絵具等の白色顔料として使われる。
一部の薬品に対してだけ溶けるが、水や有機溶剤には溶けない性質。

 

とあります。
当たり前の事とは思いますが、取れない様に作られているのが修正液なんですね。

一部の薬品には溶けますのでチョット期待が持てそうですが、その一部の薬品は強烈な性質を持っていますので薬品をヘタに使うと生地の種類によっては溶けてしまいます。

クリーニング屋さんのしみ抜きでは物理的かつ多少の薬品を使用して落とします。

もし、自分で修正液のシミを取ろうとお考えの場合には、作業に費やす時間や道具をそろえたりのコストや失敗した時のリスク等を考えると、ご自分で取ろうとしない方が良いと思います。

そんな時には、いつもの信頼できるうちのクリーニング屋さんにしみ抜きをお願いいたしましょう。

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。