合成皮革(フェイクレザー)のパイピングを本革のパイピングに張替えも可能です

合成皮革(フェイクレザー)は剥がれるとアチコチに付いたりします

はい、合成皮革(フェイクレザー)聞いた事ありませんかね。

皮革の様な感じの見た目やさわり心地ですが、価格は本革と比べるとかなり安価で皮革製品に似せた製品などで使用されております。

その原料は、ポリウレタンと言う科学的に合成して作られた素材です。
そして、そのポリウレタンには寿命があります。

寿命が発生するのは、購入してからではなく製造されてから空気に触れる事によって始まります。

ここ重要ですね!
テストに出ます(笑)

と冗談はさておき、
大体の場合には3~6年ぐらい経つと剥がれてきたりベトついてきたり致します。

特にお洋服では劣化の早い部分として、皮脂汚れの付きやすい襟周りや袖口周りが他の部位よりも早く劣化いたします。

そして、剥がれてベトついたポリウレタン素材はアチコチに付いてしまいますのでお気を付け下さいね。

中でもよくありますのが、合成皮革で出来たベルトが劣化してズボンに付いてとれなくなったとか、合成皮革の靴が劣化してズボンのすそについて取れなくなったとかです。

おはようございますオノウエです。

製造されてから3~6年経つと劣化でダメになるケースがありますので、数年経っている在庫商品ですと購入してからでも直ぐに生地が剥がれてくることもあります。

特にリサイクル品ですとアッという間にダメになりますのでご注意下さいね。

 

合成皮革(フェイクレザー)は一度ダメになると元には戻せません

このパイピングの様に、剥がれた合成皮革の部分を取り除くと下地の生地が見えます。
この状態でも気にならなければ、最悪使用する事は可能ですがその部分を丸々取り外して新しく張り替える事も実は可能なんです。

例えばお洋服の縁取りのパイピングなどに合成皮革が使用されている場合には、新しい合成皮革に交換する事も可能です。

しかし、合成皮革には寿命がありますのでまたいつかダメになってしまいます。
ですので、その場合には縁取りのパイピングを本革に交換する事をオススメ致します。

ただ、色目は同じものがありませんので近い色での修復となります事と、修復作業の時間が掛かる事と修復価格もかなり高くなってしまいます。

でも、

自分にとって価値のあるお洋服にでしたら修復したいと思うに違いありませんし、修復してまた着る事が出来れば特別な価値がありますよね♪

正直、
この合成皮革を本革に交換すると言うお仕事は、ドコでも出来るかと言いますとそれは難しいと思います。

ただ!
ウチでは出来ます!!
ぜひご相談下さいね♪

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。