お家で洗えるウールやレーヨンやシルク素材だとしても縮みにくい洗い方で洗いましょう

水が浸透しない加工がされていたとしても長時間水に浸けない事

はい、最近ではウールやレーヨンでもお家で洗える洗濯表示が付いているお洋服もありますよね。
元々は、ウールやレーヨンは水には弱く水が浸透した状態で動かしますと縮んだり致します。

ウールやレーヨンでもお家で洗える洗濯表示が付いているお洋服には、
実は水が浸透しない様に加工が施されています。

ですので水に浸けても浸み込まないから、縮まずに形を維持できるんですね。

おはようございますオノウエです。
ウールやレーヨンに限らずお家で洗えるマークのシルク等も加工されています。

ですが、最近では技術の進歩によりコーティングで加工しなくても洗えるシルクもどうやらあるみたいですよ♪

 

 

洗えるウールやレーヨンやシルクでも決め手は出来るだけ動かさないこと

ええ、結局はお家で洗えるハズなのに洗ったら縮んでしまったと言うお声も沢山お伺い致します。
そしてその場合のほとんどが、毎日の普通の肌着などと一緒に洗ってしまった場合が多くあります。

例えば普通に洗うよりドライマークコース。

ドライマークコースよりも、更に自分で洗う手洗いの方が短時間処理が可能で最もダメージが少なくて済みます。

いろんな方法があるとは思いますが簡単な方法を載せました。
行う場合にはもちろん自己責任でお願いいたしますね。

まず洗面器やバケツ(10リットルぐらい)に常温(上は30℃まで)の水を入れて、ウールも洗える中性洗剤を規定量入れてよく撹拌して使用します。

常温というのは手を入れて冷たくないぐらいの温度です。
洗剤は半分でも十分効果がありますが、必ず中性の洗剤を使いましょう。

洗濯表示の水洗いが×の製品、又は毛足の長い製品の場合は弊害がありますので気をつけてくださいね。

中性の洗剤は、もしすすぎが不十分でも生地に与えるダメージは少ないので使用します。
アルカリ性の洗剤は、衣類に残るとキバミ等の弊害が出るので使わない方が良いでしょう。

洗剤を入れたら、手で数回(5回くらい)上下に押し洗いいたします。
この動作だけで生地の表面に付いている水溶性の汚れはある程度おちます。

次にバケツを入れ替えて今度は水のみで同じようにすすぎます。
このすすぎを2回したら洗いは終了です。

次にソフターを使う場合は、洗剤のかわりにソフターをこれまた規定量の半分で使います。
そして手で数回(5回くらい)上下に押し洗いいたします後は最後に脱水します。

脱水はしずくが垂れない程度に短く行いましょう。
洗濯機の手動コースで調整が出来るのなら10秒の脱水を行います。

やり方は脱水だけの操作で開始して高速回転になった瞬間に停止ボタンで強制停止かけます。
洗濯機によっては出来なかったり故障の原因になるものもありますので、自己責任でお願いいたします。

この方法が出来ないならタオルケット等でセーターを挟んで十分に水分をとります。

あとは平干ハンガーなどで干します。

普通のハンガーを使用すると自重により下に伸びてしまう恐れがありますので伸びないような工夫が必要です。
100均等で売っております平干しネットを使用致しましょう。

o0450045013163996232

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【お家で洗えるウール・レーヨン・シルクを自分で手洗いする時の注意事項】

①生地を動かすと縮む原因となります。
ですので、バケツや洗面器を使う方が左右には動かないので生地へのダメージが少なくて済みます。

②洗剤の残留に気を付ける
さらに洗剤の規定量を減らす事で、洗浄力はやや落ちますがすすぎの効率化により生地へのダメージがこれまた少なくなります。

③水に浸けて手で数回(5回くらい)上下に押し洗いでその後直ぐ脱水
洗える加工のお品物のお洗濯の目的は、表面上の水溶性の汚れを落とす事に有ります。
洗剤や漂白剤での浸け置きは加工にダメージを与えますので避けた方が良いでしょう。

※クリーニングISEYAのクリーニングセミナーより引用

 

ただし、
冒頭でもお伝えした通り、洗えるウール、レーヨン、シルクには元々は水が浸透しない様にする加工がしてありますので長時間水に漬け込んだり、強力な機械力や洗剤力や高温度で洗ってしまうと水が生地に浸透致します。

そういたしますと縮みます。

ですので、
水が浸透しない様に水で洗うと言う事になります。
なんだか矛盾している様で不思議ですね(笑)

とにかくこの方法で、生地の表面の汚れや汗の成分は取れますので取り敢えずOKです。

もしも縮みが発生したら、もう加工が弱ってきていると思って下さいね。
その時はお洋服の寿命かも知れません。

もし、お洗濯に自信がない場合や取れないシミや購入価格の高いものや、思い入れがあり失敗してはいけないお洋服はご自分ではお洗濯せずにぜひクリーニングプロショップへお持ち下さいね。

ではでは〜。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。