油性のインクより水性のインクの方が衣類に付いた場合は断然落ちにくいのです

水性インクは水性って言うけど水で落ちるから水性なのではありません

はい、先日お受け致しましたお洋服に付いてしまった水性インクのしみ抜きです。
いつもの店頭シミ抜きをしている時に、たまたま来られていたお客様とお話ししていた内容なのですが、

「油性より水性のインクの方が落ちにくいんですよ~」と僕が言いましたら、
「そうなの!イメージでは水性の方が簡単に落ちると思ってた!」と言うお返事が返って来ました。

そうなんです。

イメージでは、
油性は落ちない。
水性は水で落ちる。

っていうイメージなんですけど、実際には結論から言いますと両方共に同じようなぐらいと言いますか、
むしろ水性の方が落ちにくいんですね。

「このインク水性って書いてるから水で落ちるんじゃないの?」
って思われますが実はインクに書いてある油性、水性はインク自体の製造方法の事なんです。

たぶん(笑)

おはようございますオノウエです。
僕はインクの事に関してはその道のプロではございませんが、その違いはこの様に理解しております♪

 

油性インクと水性インクの違い

油性
水を一切使わずに、油のみで色を溶かし込んだものを、油性と言います

水性
水を使って色を溶かし込んだものを、水性と言います。

ちなみに水性には、油も何割か使われている事も有りますので、油と水のハイブリッドも有りますが、両方とも水を使っていますので、水性のくくりになります。

※クリーニングISEYAのクリーニングセミナーより引用

油性のインクは製造時に水を一切使用してないから油性。

水性のインクは水を使ってるから水性、油性の成分を使っていても水も使っているから水性って事です。

液体の状態で油で薄める事が出来るのが油性、
水で薄める事が出来るのが水性って感じです。

製造の時点ではこういう事ですが、乾くとまた話は違います。

乾いた状態の場合は、もう油性も水性も関係ありません。
乾けば同じような状態の訳ですから、水性ペンキなのに水を掛けても取れないし大丈夫な訳です。

お洋服に付いた水性のインクが落ちにくい最大の理由

そして、水性のインクが落ちにくい最大の理由は、
「水性の場合に限り、既に水を使用しているので油だけの油性に比べると色が定着して取れにくい」
と言う事なのです。

そして、乾いてからの状態からは今度は使われている色が落ちにくいか落ちやすいかになる訳ですね。

その「色」には種類があります。

「色」には種類があります

顔料(溶けない粒子)
対象の表面に粒子が乗ってくっついているのが顔料です。
すぐに乾いて光でも変色しにくく、色がはっきりしています。

染料(溶ける粒子)
対象に浸みこんで発色致しますのが染料です。
乾くのに時間が掛かりますが、一度定着すれば滲みにくく臭いも少ないです。
光により変色したりします。

最近のインクの場合には、さらに落ちにくく改良されたゲルインクや水性顔料インクなどが出ています。

※クリーニングISEYAのクリーニングセミナーより引用

確かに、紙などに書いた文字が落ちないのはすごく良い事です。
って言うか落ちたら困ります(笑)

でも、本来は付いてはイケない物に付いた時には水性インクってメッチャ厄介なんですね。
ですので、「水性インクは乾いたら水では落ちませんよ」と言う事なのです。

そういう訳で、お洋服にインクが付いた場合は、水性のインクの方が油性のインクより落ちにくいんですね。

でも大丈夫です。

シミ抜きの出来るクリーニング屋なら現状より必ず良くなるはずですのであきらめて捨ててしまう前に是非ご相談下さいませ♪

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。