雨の日にはビスコース・レーヨン系のお洋服は着用しない様に致しましょう

Photo by ノボル  オノウエ

ビスコース・レーヨン系のお洋服は水に濡れるとシミになる

はい、雨の日はいつもより寒さが3倍増しですよね。
僕はもう既に手袋とダウンジャケット着用してしまっていますので、雪が降るほど寒くなってきたら何を着ましょうかね(笑)

おはようございますオノウエです。
と言う事で、次の手段はダウンジャケットにインナーダウンか足裏カイロで寒さをカバーする事に致します!

今の時期ですとちょっと毛足の有るお洋服を選ばれると思います。
ただし、雨の日には気を付けたいお洋服があります。

それはビスコース・レーヨン系のお洋服です。

ビスコース・レーヨンは元々、天然の動物繊維であるシルクに似た性質を持つように人間に作られた人造絹糸です。

レーヨンが出来た当時は、その名も「人絹」と呼ばれたほどシルクに似ているんですね。
でも材料は木材パルプです。

紙と同じ原料を使っているのでそりゃあ水に弱い訳です。

 

Photo by ノボル オノウエ

ビスコース・レーヨンは水分を含むと形状が変化する場合があります

シルクもレーヨンも元々は基本的に水洗いが出来ません。

理由としては多々ありますが水が浸透すると糸が膨らみます。
そういたしますと、膨らんだ分濡れていない部分と比べると凸凹になります。

その状態で乾くと、生地が凸凹の状態のままになるんですね。
そうすると光の反射により目に見える見え方が変わりシミの様に見えます。

その他にもシルクに付いている色は水分を含むと動きやすいのです。
ですので色が滲んでシミの様に見える事もあります。

あとは、お着物の場合ですと糊剤や加工剤で表面が加工されている場合には、それが動いてしまいシミの様に見えたりも致します。

最近ではよくあります水洗いが出来るシルクやレーヨンには、糸に水が浸みこまない様に糸の表面に加工がされています。

だから水洗いの出来るシルクやレーヨンがあるんですね。
あと水洗いの出来るウール製品も同じように水が浸みこまない様に加工されています。

もしシミになってしまっても治す方法はあります。
と言うか、細かい霧吹きをして蒸気を当てれば見た目をぼやかす程度なら可能ですが、それはお勧めできません。

やはり治す為の方法には多少なりともリスクもあり、治す為に最適な道具はお家にはありませんので完全には治す事が出来ません。

そんな時には信用のおけるしみ抜きの得意なクリーニング屋さんに頼みましょう♪

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。