高温の油には要注意!お洋服に着くとやっかいなんです

6e27dd0059cdcc6b518dc7d715d6158e_s

 

取れない油ご存知ですか?

はい、おウチで油を使用したお料理する時には、ちゃんとエプロンは付けていますか?

忙しくて、ついつい何も付けずに、外出用のお洋服を着たままの状態で、油を使った料理をしてしまうと、当然やっぱり油が飛び跳ねて、お洋服に付いてしまいますよね。

はい!
その飛び散った油は、お洋服にとって取れないシミになるかも知れないんです!

おはようございますオノウエです、まいど。

ええ、お肌に料理の時の高温の油が飛び散って、付いたら熱いように、お洋服も火傷しちゃいます。

 

 

 

高温の油は衣類に着くと取りにくい

ええ、お家でのお洗濯で油を取るには、何やかんやとイロイロ対策を考えて、お洗濯しなくてはいけませんよね。

特に、食べ物のシミは油やタンパク質や、色素などが混合されているので、処理はめんどくさく難しくなりますです。

そうです、ただでさえお家でのシミ取りは、アレコレと考えてしないといけないんです。

そこにきて、高温の油は成分が変質している為に、非常に取れにくい油に変わってしまっているんです。

 

そう、お家では取れない油汚れの正体は、『乾性油』と言います。

 

特に同じ油ジミでも、時間が経ったシミと、今付いたシミでは雲泥の差があります。

それは時間が経ち、シミが酸素と反応して劣化を促進させるからなんですね。

そんでもって、その油が揚げ物油などの温度が加わった油シミなら、もっともっと取れにくくなってますその状態を、『乾性油』といいます。

 

ですので、付いてしまったら、ヘタにいじらない方が良い時もあるのです。

たとえば、シリコンの入ったスプレーなども、長時間お洋服についたままですと、酸素と反応してとれにくくなります。

それと同様に、『乾性油』のシミ抜きは、お家では中々取れないので、焦ってついつい擦ったりして、生地に対して、過剰なシミ抜き処理をしてダメージを与えてしまいがちです。

過度な負担を生地にかけてしまうと、下手すると、目ヨレを起こしたり、穴が開いてしまう事もあります。

そう考えると、失敗すると生地には相当なダメージが発生する事がわかりますよね。

 

はい、お家で一回洗って見て取れない油シミは、自分であれこれイジらずに、すぐにクリーニング屋にて、シミ抜きをお願いしてくださいませ!

 

いや、本当に。

そこで、プロにシミ抜きをお願いすれば、失敗せずに、また着れるようになるはずです!

ぜひ、『もうダメやん!!』、となる前にお持ちくださいね。
って言うか、『もうダメやん!!』ってなっても直せるかも知れませんよ♪

ではでは~。

 

 

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。