自転車に乗る時のお洋服のチェーン巻き込みには十分に気を付けましょう

自転車に乗る時は特に女性の方は服装にも注意したいですよね

はい、最近のしみ抜き依頼でありましたのが、自転車に乗っている時にお洋服の裾をチェーン巻き込んでしまいいろんな汚れが付いてしまったのでその汚れを取って欲しいとのご依頼でした。

おはようございますオノウエです。
最近では、実はこの自転車のお洋服巻き込み事故って結構多いのが現状です。

その巻き込みやすいタイプのお洋服は、マキシ丈のワンピースやスカート等やガウチョパンツやスカンツ等の裾がヒラヒラのタイプのお洋服です。

実はこれが結構な確率でチェーンに巻き込みます。

もしもこれらのタイプのお洋服を着てお出かけするのなら、
自転車には乗らない様にするか、見た目がアレですが巻きこまない様に100均等で売っている髪留めのゴム等で裾を止めると巻き込みも少なくて済みます。

でも、もしも巻き込んでしまった場合には、
出来れば直ぐにクリーニング屋さんに見てもらいましょう。

もし、お洋服が自転車のチェーンに巻き込まれた場合の状況ですが、人間でいえば転んですりむいて大泣きしている状態です。
お洋服が。

そして、そのお洋服には自転車の油汚れや、スス、泥、錆び等々と複合的な、
「ミックス汚れ」
が付いてしまっています。

さらには、生地が挟まってしまっている場合にはムリに引き抜いたりすると生地が破けたり、穴が開いたり致します。

しかも巻き込んでしまったら汚れで見えませんが、汚れが取れた時に数か所は小さい穴が開いている状態になっていると思った方がイイでしょう。

と言う事で、
お洋服がチェーンに絡んでしまっていたら焦らずテンパらずにゆっくり外しましょうね。

もし、そんな事が起こった時には是非ご相談下さいませ!

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。