もしもお洋服に瞬間接着剤が付いたなら諦めずにお持ち下さいませ

接着剤にも種類がありますのでお家での除去は難しいです

はい、お洋服に接着剤が付いた事ってありますでしょうか?

そんな状況が起こり得るシチュエーションとしては、割れたボタンや取れた装飾品等の修復に使う時ですかね。
接着剤を使っている際に、誤ってお洋服に付いてしまったとかはありそうです。

その他には接着剤を使って何かを作っている時などですね。

普通に考えるとペンキやマニキュア取る為の薬品を使えば取れると考えます。
例えばトルエン、シンナー、ベンジン、エタノール、接着剤剥がし、除光液、アセトン、オレンジオイル、等々ですね。

でも、
それらの薬品を使う時に忘れている事があります。

それは、
接着剤が付いてしまった対象が「お洋服」であると言う事です。

お洋服には色んな素材や細い糸も使われています。
ヘタしたらそれが溶けたり無くなったりして大変ですからね~

おはようございますオノウエです。
そうです、お洋服はとてもデリケートなのです♪

 

薬品の成分とお洋服の生地の原料を把握してなんて難しいに決まっています

だからと言って接着剤を取る為に、しっかりと薬品の成分とお洋服の生地の原料を把握して、お家で接着剤を取るなんて中々出来る事では無いです。

僕もお家では薬品も機材もそろっていないのでムリです(笑)

そんな時には、ムリをしてネットで情報を調べて自己責任で接着剤を取ろうとしてお洋服をダメにしてしまうよりはプロにお任せ下さいね。

でも、付いた瞬間に溶けちゃうお洋服もあります。

アセテートやトリアセテートやアクリルと言う生地です。
これらは接着剤にも接着剤を取る為に使う薬品の成分にも溶けてしまいます。

でも、
それ以外のお洋服の生地でしたらまだ望みはありますので捨てる前に是非ご相談下さいね♪

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。