お家のお洗濯にて黒白ツートンカラー製品の色移りが多発しています

黒と白のツートンカラーは色移りしやすいですので気を付けて下さいね

はい、いつの時代も流行っているのが黒と白のツートンカラーのお洋服です。
ジャケットやトレーナーですとボーダーだったり、ワンピースですと腰から上下切り返しのお洋服もあります。

黒と白もそうなんですが、ツートンカラーの片方が黒や紺色系の場合にはもう片方に色が移りやすい傾向にあります。

その一番の原因は濡れた状態が長く続いている事です。

黒色は色の中でも全部の色が混ざっている色なので、その色の中に濡れている状態ですと色が出やすい色が入っているんですね。

その色が、特に洗剤を含んだ水に長時間浸けっぱなしの状態ですと動いてしまい移りやすいのです。

おはようございますオノウエです。
もしも色が他の部分に移ってしまったらどうしましょう?

 

他の場所に移った色は定着してしまうとお家ではもう取れなくなります

ええ、今回お受け致しましたお洋服はポリエステルとナイロンで出来たお洋服でしたが、お家洗いにて黒い部分から赤色が出て来て白い部分に付いてしまいその後は洗っても取れなかったというお品物です。

一度動いた色は、特に淡色系の部分に付いてしまうと取れにくくなります。

更には今回のお洋服はポリエステルとナイロンで出来ておりますので、色が付いてしまうと基本的にはほとんど取れなくなってしまいます。

このお洋服の裏側の生地はは真っ黒でしたので、ヘタに色を取ろうとすると裏側の黒い色まで薄くなってしまったりする事があります。

でも、今回はポリエステルとナイロンの色移りでも上手く取る事が出来ました。
画像はしみ抜きの途中のビフォー&アフターの画像です。

酷い時には、移った色が全く動かなかったり致しますから今回は治って良かったです♪

もし、
今回の様な出来事が起こってしまったらご相談下さいね。

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。