分かっているハズなのについつい「塩素系漂白剤」を使うのはキケンです

お家でテンパった時につい使ってしまう「塩素系漂白剤」はお洋服に使わない事

 はい、何でも白くキレイにしてしまう魔法の様な洗剤や漂白剤はありません。
でも「塩素系漂白剤」はそんな風に解釈されがちです。

お洋服のしみ抜きや色移りに対して「塩素系漂白剤」を使ってはイケない事は、情報としてはすでにご存じの方も沢山いらっしゃいます。

しかしながら、
それでも分かっていながらも、「もしかしたらキレイになるんじゃないか?!」って、
けっこう「塩素系漂白剤」を使ってしまい、お洋服をダメにしてしまっている方が多いのが現状です。

基本的によくある失敗が、ウール製品に使用してしまっているケースがほとんどです。

でも、ついつい使ってしまうのは分かる気がいたします。
しかし使った場合は大概の方が後に後悔して落ち込みます。

でも過ぎた事は忘れましょうね♪

使い方次第ではうまく行く事もありますが、「塩素系漂白剤」の扱い方は難しく、成分が残っていると赤茶色に変色する「塩素ヤケ」も起こってしまうのです。

おはようございますオノウエです。
ご家庭でお洋服に対する「塩素系漂白剤」の使用は失敗の元になりますので、お洋服に使用するのは止めましょう。

 

a2a92d70fb2228c6f8c395805d9de02a_s

 

「塩素系漂白剤」はなんでも真っ白にキレイになる訳ではありません

「塩素系漂白剤」は、綿や麻、ポリエステル、アクリルの「塩素系漂白剤」が使えるフラスコマークのある、白い品物にしか使えません。

良く使われているのが食堂などで出される「布オシボリ」にも使われています。
「布オシボリ」の洗濯に使うと除菌も出来てそこそこ白くなります。

ですが、

その成分は「布オシボリ」に付いたままなので、もしお洋服に食べ物や醤油が付いてしまっても「布オシボリ」では決して擦ったり拭いたりしないで下さいね♪

ちなみにもしも「塩素系漂白剤」を使って変になってしまっても、早期発見ならソコソコは治る可能性はあるかも知れませんので、諦めて捨ててしまう前にクリーニングのプロにご相談くださいね♪

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。