ティッシュを洗ったらそのまま原形をとどめて出てくるぐらいデリケートなドライクリーニング

 

お家でティッシュを洗ったらどうなってしまったかを思い出して下さい

はい、例えばお家でのお洗濯時に、パンツのポケットにティッシュが入っていてそのままお洗濯してしまった事ってありませんか?

その場合にはティッシュはエライ事になると思います。

当然ティッシュはボロボロになり、さらにはバラバラになって他の洗濯物のアチコチに付まくり洗濯機の中は大惨事になってしまいますよね。

それってお家の水洗いでティッシュにかなりの負担が掛かっていたと言う事なんです。

でもクリーニング屋さんのドライクリーニングは一味違いますよ!

実は、ティッシュをクリーニング屋のドライクリーニングで同じように洗っても、ティッシュが破れずにそのままの状態で出てくるんです!

ドライクリーニングにも色々と種類がありまして、セキユ系の溶剤ならお洋服の生地が必要以上にガサガサになる事はありません。

おはようございますオノウエです。
それだけ衣類に負担が掛からないクリーニング方法がクリーニング屋さんのドライクリーニングなんですね♪

 

水でティッシュ混ぜ混ぜ動画 (音が出ますお気を付け下さい)

ティッシュをドライクリーニングで使う溶剤で混ぜ混ぜしてみた

まずはお家のお洗濯時に使う普通のお水でティッシュを混ぜ混ぜして見ましょう。
当然ご存じのとおり水洗いの場合はティッシュがボロボロになります。

それは何故かと言うと水がティッシュの中に浸透しティッシュの繊維が膨潤(膨らむ)して形が崩れてしまからなのです。

もう元の形には戻りません。
お洋服も同じ理由で負担が掛かりますが、バラバラになるほどではありませんが縮んだり致します。

では、
次にクリーニング屋さんが使っている、ドライクリーニング溶剤でティッシュを混ぜ混ぜして見た動画です。

 

クリーニング屋の溶剤でティッシュ混ぜ混ぜ動画 (音が出ますお気を付け下さい)

長時間洗ってもティッシュが型崩れしないクリーニング屋さんのドライクリーニング

どうですかね?ドライクリーニングでは洗っても破れていないでしょ♪
それどころか、クチャクチャになっていてもギュッと絞ってからでも広げる事が可能です。

そうです。
ドライクリーニングに使う溶剤はティッシュを膨潤(膨らむ)させない為に、ティッシュの生地が崩れたり破れたりしないんですね。

 

すなわち、お家のドライコースでもティッシュは破れます

 

先ほどの実験の通り、お家でポケットにティッシュを入れ忘れたまま洗濯するとお水で洗いので当然破けます。
ヘタするとバラバラになって、まあまあ最悪です。

と言う事は、それだけ水は生地に与える負担が大きいと言う事なんですね。

 

当然クリーニング屋さんでも、普通に水洗いすれば同じ状態になります。
水洗いは汚れが落ちる洗浄力もある分、逆に考えるとダメージが大きいと言う事ですね。

クリーニング屋さんには、実は生地にダメージの少ない水洗いのコースも有りますよ♪
生地の特性と適性な洗浄方法を知っているクリーニング屋さんならではの洗い方です。

ドライクリーニングは生地に負担を与えません。
でも、「それじゃあ洗浄力が少なくて汚れは落ちないんじゃないの?」と思われるかもしれません。

お洋服が汚れる場合には、まずお洋服の生地に空気中の油膜が付きます。
その後、その上にホコリやススが付いて汚れると言う状態になるんです。

ですので、クリーニング屋さんのドライクリーニングはその生地に付いている油膜を洗い流すのです。
そうする事で、ホコリやススもキレイに洗い流す事が出来るんです。

これが生地を傷めない、クリーニング屋さんのドライクリーニングなんです。
もちろん油分が落ちてもしっかりと補充いたしますので手触りもガサガサしませんが、クリーニング屋さんに寄っては差はあります。

気になるお洋服は、いつも綺麗にしてくれる行きつけのクリーニング屋さんにおまかせ致しましょう♪

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。