洗っていない衣料は久しぶりに洗うと汚れと一緒に色まで薄くなる事があります

 

クリーニングに出したら洗った拍子に色が変化する事は実際にありえます

はい、汚れると言う状況は普通に着用していても空中の油分やススやホコリが付いて起きてきます。
あとは着用していますと皮膚に直接触れる部分等は、必ず皮脂汚れが目には見えなくとも付いてしまいます。

その状態が続いてしまうと衣類は糊が付いたようにだんだんと硬くなってきます。
原因は、お洋服に油分やススやホコリや皮脂汚れの層が幾重にも出来るからなんですね。

さらに近年では衣類の消臭スプレー等で、洗わずに何べんもスプレーで済ましてしまう傾向も原因の一つなんです。

そういう状態のお洋服を久しぶりにクリーニングすると、洗った拍子に色が変化する事があります。

おはようございますオノウエです。
はい、その汚れの層がクリーニングして取れる時に生地の表面の傷んでしまった色も一緒に取れてしまうのです。

生地には色が付いていますそして色にも寿命はあります

この図の様に生地の色の上に汚れが付いてしまうと下の色は傷んで弱くなってしまいます。
生地の色が傷むとチョットしたダメージでも取れやすくなります。
それが洗うと汚れと一緒に色まで落ちてしまうことになるんですね!

汚れを取る為に洗ったはずが傷んだ色は汚れと一緒に一部が取れて無くなり色ムラが出来てしまいます。

色が残っているトコロと無くなってしまったトコロ。
長時間洗っていないお洋服は久しぶりに洗うと、最終的にこういう状態になってしまうんです!

生地もそうなんですが、色も当然傷むものです。

こんな事が起こらない様に定期的なドライクリーニングや、特殊水洗いであるダブルクリーニング(汗抜き)を行ってお洋服の表面に汚れの層が出来ない様に致しましょう♪

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。