お洋服を洗っても長期間置いておくとシミが浮き出てくる事もあるのです

保管中に無かったハズのシミが出てくる事なんてあるんでしょうか

はい、結論から言いますとあります!
特に何年もクローゼットに置きっぱなしにしていた場合には、生地の色までも壊してしまっている可能性があります。

その理由ですが、飲み物やお料理の汁などがお洋服に付いてしまっても、乾くと見えにくくなる場合もあるんですね。

でも、目には見えませんが取り除かないと水溶性の汚れがシッカリと付いている事には変わりません。

その状態で、
「見えないからクリーニングしなくてもイイや」
って、そのまま放置していますと保管中に後から浮き出てくる事があるんですね。

実はクリーニングをしていても長期間の保管中にシミが浮き出てくる事はあります。
それはクリーニング屋さんのクリーニングであるドライクリーニングしかしていなかった場合に起こりやすいです。

クローゼットに直す前にクリーニング屋さんのドライクリーニングしていても、水溶性の汚れは完全には取り切れていない場合が多く保管中の環境によってはシミになって浮かび上がってくる事も有るんですね。

ドライクリーニングは食べこぼしや水溶性の汚れを取るのは不得意なんです。

おはようございますオノウエです。
なのでクリーニング屋さんにお願いする時には水溶性の汚れも取れるW(ダブル)クリーニングをオススメ致します♪

 

1度クローゼット内のお洋服のチェックをオススメ致します

この「シミが浮き出てくる」状態になるのは湿度や湿気も関係しています。

浮き出てくるシミの原因は、過度な湿度や湿気が取り切れていない汚れやシミの変色をクローゼットの中で促進させるからなんです。

クローゼットに入れる前には目には見えませんのでその時には全然分かりません。

この状態が発生するのを予防するには目には見えない汗の成分や水溶性の汚れやシミを、着用したら付いているものと仮定してクリーニング時に落とす必要があります。

何でも水洗い出来ればいいのですが、基本的に水洗いが出来る様に加工のされていない生地のお洋服は水洗いには適していません。

なので、クリーニング屋さんの特殊コースである弱い水洗いの、W(ダブル)クリーニングでシッカリと水溶性の汚れを落としてシミが浮き出てきたり変色したりするのを防ぎましょう♪

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。