いつも使っている合成皮革がベトついてきた時に1日だけの延命応急処置

基本的に合成皮革のベトつきはどうしようもなく既に寿命です

はい、フェイクレザーとも言いますが合成皮革とも言います万能素材であるポリウレタン素材には寿命があります。
寿命になりますとベトついてきたり剥がれたりしてきます。

そうなってしまったら、もう寿命がやって来たと言う事です。

でも、久しぶりに使おうと思って合成皮革のバッグを出してきたらそんな時に限って、
「ベトベトやん!えらいこっちゃ!!他にバッグないやん!!!」
って事もあるんですね。

それでも、
「今日だけでいいから何とかしたい!」
「とにかくあと1日だけもって欲しい!」

そう思う事もあると思います。

そんな時に、もしも寿命がきてベトベトになってしまっても一時的にベトつきだけは押さえる事が出来る方法があります♪

おはようございますオノウエです。
でも既に寿命は来てますからあくまでもゾンビとしての復活です!

 

ベトついた部分に細かい粉を振ってすりこんで誤魔化します

べとついていると言う事は粘着質があると言う事ですので、そこでベト付いている表面に細かい粉を振り掛けます、そしてすりこんでなじませるとベト付きが一時的に無くなります。

もちろんあくまでも一時的な応急処置なので長くは持ちません。
白い粉だとちょっと白くなりますが馴染むと分からなくなります。

このベビーパウダーだと300円以内で買えますが、振り掛ける時に気を付けないとそこらじゅう粉まみれになります(笑)

あと、もしも部分的なパイピングや付属品の部分の合成皮革がダメになってしまったら、その部分だけ本革仕様に交換する事でもうベトついたり剥がれたりの心配はなくなります。

その場合はゾンビ復活ではなく完全復活になります!

色合いや手触りは残念ながら同じという訳にはいきませんが、この様に似た様な皮革で再生して完全復活する方法もあるんですね。

バッグの中身の裏地の場合ですと布になり変える事で復活する事も可能です!

そんな時には是非ご相談下さいね♪

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。