襟元の織り目が白くなってきたのは汚れではなく色が剥げてしまった場合が多いです

お肌やインナーに擦れる事により色は剥がれて白っぽくなります

はい、ヘビロテのお洋服の襟元をよく見て見た事ってありますか?
濃色の綿素材などのコートでは特に起こりやすいのですが、襟元がお肌やインナーで擦れるてしまい白っぽくなってしまう事があります。

お洋服の色って洗わなくても変化する事があります。
その一つに「摩擦による擦れ」があります。
他には汗や皮脂の成分が生地を弱くしたり紫外線などでも色が変化したり致します。

おはようございますオノウエです。
と言う事は、一度でも袖を通したお洋服は、着用してても着用していなくても色は時間が経つと変化してしまうと言う事なんですね。

ちなみに着用している限り摩擦による擦れは防ぐ事は出来ませんが、汗や皮脂の成分は洗う事により取り除く事は可能です。

 

 

お洋服を漬け込む前の特殊な水洗い漬け込み液は真っ白なんですが。

 

 

漬け込みが終わると洗濯機の中の特殊な水洗い漬け込み液は汚れで黄色に変わります。

特に水洗いをほとんどしていないお洋服に関しては、特殊な水洗い漬け込み液に浸けるとこんな感じで水溶性の誉汚れが浮き出てきます。

この様に先に生地に変化を及ぼす様な汚れを先に取ってしまう事で色の変化を防ぐ事も可能なんです。

あとはもう既に手遅れで色が変化してしまった場合には特殊技術の色修正があるんですね。
それが冒頭の画像です。

 

 

もしも生地の色が変化してしまっても、また復活させる事は可能な場合がありますのでゼヒともご相談下さいね♪

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。