お家でヘアカラー剤を使って気が付いたらお洋服に付いてしまっていた場合

ヘアカラー剤がお洋服に付いてしまったらお家で取る事はやめましょう

はい、もしもお家で自分の髪の毛を染めた時にヘアカラー剤が誤ってお洋服に付いてしまったら、まずヘアカラー剤をお家で取ろうとしてもお洋服に付いてしまった場合は取る事がかなり困難なんですね。

元をたどれば人間の髪の毛の成分も、お洋服に使われている動物の毛(ウール)の成分も同じ様な性質を持っています。
タンパク質で出来ておりキューティクルで覆われています。

ですのでお洋服の原料である動物の毛もヘアカラー剤で髪の毛と同様に染まります。
しかも時間が経つと完全に定着してしまい染まります。

お家でのお洗濯ですと完全に染まってしまったヘアカラー剤を取る事は困難であり、ウールの場合でも綿の場合でも取り除く事はまず不可能です。

おはようございますオノウエです。
でも、しみ抜きの出来るクリーニング屋さんなら付いてしまった色を取る事が出来る技術があるんですね♪

 

ヘアカラー剤を取るには様々な薬品や漂白剤を使用致します

ええ、ヘアカラー剤は簡単に言いますと、酸化染料とアルカリ剤と酸化剤を使用して髪の毛を染めるというものです。

髪の毛のキューティクルをアルカリ剤で開かせて、酸化染料を内部に浸透させて酸化剤で酸化染料を発色させて髪の毛の中に色を閉じ込めて色を付ける訳です。

ですのでお洋服にヘアカラー剤が付いてしまい、色が付いた場合も当然色を取り除く為に漂白致します。
漂白と言っても種類は色々とあります。

この場合はクリーニング屋さんのしみ抜きでは塩素系漂白剤以外の方法を使います。

ちなみに、ヘアカラー剤のしみ抜き処理はお家では難しく、お洋服をダメにしてしまう可能性が高いので、触らずにしみ抜きの出来るクリーニング屋さんにお持ち下さい。

そして!
他のしみ抜きもそうなのですが、
お洋服には塩素系の漂白剤は絶対に使わないで下さい!!

お洋服の糸が溶けてツルツルになり、後に色を付けようとしても色がスベって色が付かなくなりますので直す事も困難になります。

そう言う事もありますので、その都度付いてしまった生地が傷まない様に考えてしみ抜き剤を使用致します。
もうシミと言うよりは、定着してしまった色素を取り除くと言う感じですね。

シミの様に生地に完全に浸透していない状態ではありませんので、生地自体を変色させた色素を取り除くのでこの場合には当店では「シミ抜き」とは言わずに「復元加工」と言ったり致します。

もしもお洋服にヘアカラー剤が付いたらご相談下さいね~♪

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。