ネクタイをクリーニングに出してもキレイにならないどころか白いシミが付いてきた

そもそもネクタイはクリーニングしてキレイになるのか

はい、よくお伺いいたしますのが、「ネクタイをクリーニングに出してもキレイにならない!」等や、
「出す前には無かった白いシミが浮き出てきた」との声をお伺いいたします。

クリーニングに出されて白いシミが出てきたとの事ですね。
先に結論から言いますと元々から付いていた目には見えなかった汚れが浮き出てきた事が考えられます。

クリーニング屋さんではシルクのネクタイは基本的にドライクリーニング致します。

ドライクリーニングではお洋服の表面に付いた油膜を取り除く事により、お洋服に付いた油が接着剤の代わりをしてしまい付いてしまった汚れやホコリを取りキレイにするクリーニングです。

そう致しますと、今まで付いていても油のグリース効果で見えなかった水溶性のシミの油分が飛んでしまい、残った油に溶けない水溶性のシミが白く浮き出てきます。

おはようございますオノウエです。
実は、そのシミは水を使ったシミ抜きでないと落ちないのです。

 

そのシミ抜きを部分的に行って取れれば良いのですがそう簡単には行きません

ええ、何故ならその部分だけキレイになり他の部分と差が出るからです。(輪シミなど)
そうならないように全体的均一の水を使ったシミ抜きやクリーニングが必要になります。

あとネクタイに白いシミが浮き出て来るぐらいの生地の状態ですと部分的な生地の劣化も考えられます。
そしてネクタイは毎日着ける割にはクリーニングの頻度はメチャメチャ低いんですね。

特に食事など頂く時には真っ先に食べこぼしのシミが付いたりブラブラして擦れたりするんですよね。
しかも、デリケートな素材で出来ている為に、いろんな事が起こります。

 

o0384042412934724535

この画像の部分は剣先と言われる部分で一番負荷がかかりダメージの出る所です。

 

傷んだ生地は見た目では分からない事が多く擦り切れてかろうじて生地にくっ付いているだけの状態です。

クリーニングすると細切れの糸が洗った拍子に落ちて、生地が無くなってしまいダメージが顕著に出てしまう事もあります。

お洋服もそうですがお気に入りの場合は特に連続使用は控えてたまには休ませてあげましょう。

もし、シミや汚れが気になりましたらシミヌキの出来るクリーニング屋さんにご相談下さいね。
あと、少し幅が狭くなりますが擦り切れている部分を内側に入れ込むというリフォームで擦り切れを見えなくする事も可能ですのでご相談ください。

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。