綺麗な方のダウンジャケットを1枚残して汚れている方は中間洗いしておきましょう

今年大活躍のダウンは汚れている方を先に中間洗い致しましょう

はい、そろそろ少しだけ暖かくなってきましたよね〜、それでもまだまだ大活躍中のダウン製品ですが今では価格も手ごろな製品や高級な製品もありTPOに合わせて着用したり致しますので1人でもダウン製品を3着ぐらいは持っているのではないでしょうか?

僕もダウンジャケット3枚とダウンベスト2枚をプライベートとお仕事用に使いまわしております。

そこで、今のウチに綺麗な方のダウンジャケットを1枚残して、汚れているダウンジャケットやベストは今のウチに1度中間洗いをしておきましょう♪

ダウンジャケットですが、着用していれば普通に汚れますし襟元や袖口にはお肌に直接触れますので皮脂や汗の汚れも付いています。

その汚れは時間が経てば経つほど取れにくく変化いたします。

最近ではお家でダウン製品をお洗濯される方も増えておりますが、柔軟剤の入れ過ぎによるシリコンの残留による黒い油の様なシミが付いていたりする事も多々ありますのでご注意下さいね。

おはようございますオノウエです。
まだ寒いとは思いますが、今のウチにチョットずつ冬物のお片づけをスタンバイしておきましょう♪

 

お家でのお洗濯では過剰な柔軟剤の使用は控えておきましょう

近年では薄手のお家で水洗い出来るダウン製品も多く出ておりますので、お家でダウン製品のお洗濯をされている方も多いと思います。

そこで!
よくあるのが柔軟剤過多によるシミです。

洗剤に比べて柔軟剤は多く入れすぎる場合が多い様で、すすぎが不十分ですとポリエステルの表面生地に油が付いたように黒っぽい感じのシミが発生致します。

しかもコレが中々取れなかったり致します。
濡れている状態では見えにくいのですが、干してからお洗濯ものを取り込む時に大体は発覚致します。

その原因のほとんどが、手触りを良くする為に柔軟剤に配合されているシリコン等の成分の濯ぎ不足による残留でありそのシリコン等が酸化したシミです。

コレ中々お家では落とす事は出来ません。

ですので、気になるシミがありましたらクリーニング屋さんの受付でシッカリとお伝えして落として頂きましょう♪

シッカリとしみ抜きの技術があるクリーニング屋さんなら、難しい酸化したシリコン等のシミでもある程度は落とす事が可能かと思います。

クリーニング屋さんをご利用の場合には、ダウンウエア―の購入価格に応じた安心の出来る安すぎないお値段のコースやお店でクリーニングをして下さいね。

大切なダウン製品はしっかりと洗ってくれるお気に入りのクリーニング屋さんにお願いいたしましょう♪

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。