汗でも落ちないファンデーションは水で洗っても落ちにくいですよね

お家では意外と取れにくいお洋服に付いたファンデーション

はい、大体のファンデーションは油性由来の成分で出来ておりますので、水と油は混ざりませんのである程度は水を弾く耐水効果があるんですね。

ファンデーションは油性の原料に界面活性剤などを使用して色素や顔料を混ぜ込み作られています。

ウオータープルーフのファンデーションはさらに油性で耐水性が高いので、お洋服についた場合にはそう簡単にはお家の水洗い等では落ちにくい成分なのです。

水は弾くので油は油で落とす事になります。
と言う事は油性の洗剤を使って落とすかクリーニング屋さんは油汚れを落とすのが超得意なのでクリーニングに出すのかが落とす方法となります。

おはようございますオノウエです。
特にお洋服に付くとしたら襟もとや首周り等に付いたり致しますのでその部分は要チェックです。

 

クリーニング屋は油汚れにめっぽう強いので油性の汚れはお任せ下さい

ええ、クリーニング屋でしか出来ないドライクリーニングと言うお洗濯の方法は水を一切使用致しませんし排水も一切出ません。

クリーニング専用に精製された油の様な液を循環させながら、フィルターで汚れをろ過して洗うからなんです。
これをドライクリーニンングと言います。

水を使う事に比べるとお洋服を縮ませないし型崩れも起こしにくいです。

ちなみに、お家でのお洗濯にドライクリーニング洗剤を使っても、それは水を使いますので水洗いでありドライクリーニングコースで洗ってもドライクリーニングではありません。

洗剤でもドライクリーニング用洗剤と言うネーミングで売られている洗剤は、油を落とす成分を入れた水洗い用の洗剤です。

家庭用洗濯機にあるコースには「ドライマーク洗い」とか「ドライコース」等のお洗濯方法ボタンがありますが、この洗浄方法はクリーニング屋で言う弱い水洗いの事なんですね。
最近のお洗濯表示では「W」っていう表示が弱い水洗いになります。

お家で出来るのは水洗いだけです。

ですので、ドライクリーニング用の洗剤使ったのに油が落ちてないとか、ドライコースで洗ったのにウールが縮んでしまったという現象が起きるのです。

油を落とす成分を入れた洗剤と水洗いで使う水は、ドライクリーニング用に作られた洗剤と洗う為に精製された油そのもので洗うのとでは当然に油汚れの落ち具合はまるで違います。

はい、「ドライクリーニング」はクリーニング屋だけの特別な洗い方なんです。
もちろんシミ抜きをしたり数種類の水洗い方法も駆使して洗うのがプロのクリーニング屋のお仕事です。

お家で落とせない汚れはクリーニング屋におまかせ下さいね♪

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。