雨が続くとジメジメしてカビの生えやすい環境になるので気を付けてね

カビがお洋服に出来るとお洋服の色を壊してしまいます

はい、雨が降ってさらに暑い時には湿度もアップして、開かずの扉のタンスやクローゼットの奥にあるお洋服にカビが生えたりする事があります。

でも、湿気があるからと言って簡単にはカビは発生致しません。
水分が霧の状態ではカビは発生致しませんが結露で水滴になるとカビが出来るんです。

それはカビが水に酵素をかけて栄養分を取り入れるからなんですね。
そして酵素は水に濡れていないと反応出来ないんです。

おはようございますオノウエです。
と言う事は水分が水滴の状態で長く続かない様にする事が大事なんです!

ですので、クーラーの温度差での結露が長い間続きやすい場所やお風呂場等はしっかりと換気致しましょう♪

ちなみに着物を湿気の多いタンスにずーーーっと仕舞ったままにしていると、茶色の星の様なシミが発生しますこれもカビなんですね。

 

 

じゃあ生えない様にするにはどうしましょう?

その為にはカビの生えにくい状況を作る事が大事なんです。
そこでカビの生える条件を断つ方法を4つ書いてみました

 

 

❶空気を入れ替える
これよく聞きますよね、王道です!
100%抑える事は出来ませんが、発生を少なくする事は可能ですこまめに換気いたしましょう。

 

❷温度差を発生させない
結露が出るような急激な温度の差を出さず、湿度を60%以下に保つ事。
フローリングに敷きっぱなしのマットで寝ていると人間の体温で温度差が出来ます。
マットを裏返してみると人型にカビが生えている事もあります(笑)

って笑いごとではありませんよね。
マットを敷きっぱなしで使用している方は敷布団の裏をご確認下さいね。

 

❸乾燥剤を使用して定期的に交換する
でも乾燥剤に溜まった水は塩化カルシウム(路面が凍結しないように撒くやつです)で強アルカリなので皮製品等に付着すると収縮させます。
ですので取り扱いには注意大です。

こちらもすぐに溜まるので定期的に交換しましょう。
ホームセンター等で水取り○○ってネーミングで売ってます♪

 

❹クリーニング屋さんで服を包んでるビニールカバー等は必ず取る
クリーニング後に袋に入っていますが、これは運搬時に汚れない様にする一時的なカバーなので長期保存に向いていません。

これも温度差を作り湿気を作る原因となるので必ず取って保管して下さいね。

 

もうすでにカビが生えてしまっている場合にはどうすればいいの

もしカビが生えちゃった場合には、ご家庭のお家洗いではまず漂白する事でしか取る事は出来ません。

表面に乗っているだけならクリーニング屋さんの通常のドライクリーニングで取れるのですが、大概カビの根が残っておりこれが生地を傷めたり色を傷めたりする原因となります。

出来ればクリーニングプロショップに『しみ抜きで!』とお願いして下さい。
別料金がかかると思いますが勉強しているクリーニングプロショップなら落とせます。

色は痛んでいてもある程度修正できますが、生地の痛みが激しいと完全には戻らない事もありますのでそこはご了承くださいネ♪

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。