お洋服に付いてしまった建築用のコーキング剤を何とかして落して欲しいとのご依頼を頂きました

建築現場でお洋服の生地に付いたコーキング剤のしみ抜きは断られる事が多いらしい

はい、先日にお受け致しました建築現場で誤ってお洋服に付いてしまった建築用のコーキング剤を取って欲しいとのご依頼をお受け致しました。

その時にお伺いしたのですが何軒かのクリーニング屋さん問い合わせたところすべて断られてしまったとの事でした。

一般的な認識としてクリーニング屋さんでも良く言われますのが、衣類に付いたコーキング剤は取れないとの見解が多いのは事実です。

ですが、
落ちにくいと言われているコーキング剤でも、生地に完全に浸みこんで固まっていなければ実はある程度取れるんです。

おはようございますオノウエです。
ちなみに今までお預かりいたしましたコーキング剤が付いたシミ抜きのご依頼では、当店の場合では100%満足のいく仕上がりと言って頂き喜んで頂いております。

もちろん、ついてしまった時の状況と付いてしまった後の状況や、付いてしまったお洋服の生地にもよりますが付いて仕舞った場合には何もせずにお持ち頂けますと取れる可能性が格段に上がります。

ついつい付いてしまった時にご自分で取ろうと擦ってみたり洗剤を直接付けたり漂白したり色んな事をしてしまいますとコーキング剤が余計に取れなくなったりします。

先ずは以前にシミ抜きをお願いして取れた事がある実績のあるクリーニング屋さんにご相談くださいね♪

 

取れなくなってしまっている状況かどうかの基準は衣類の繊維の中まで入り込んでしまっているかどうかです

コーキング剤は接着剤よりも浸透するのが遅いですので表面に乗っている状態だと油性の溶剤で物理的な力を与えてやれば表面から剥がれてほとんど取る事が可能です。

しかし、擦ったり洗剤が作用したりした後だと衣類の繊維の奥深く中まで入り込みます。
そう致しますと繊維自体に相当なダメージを与えないと取れなくなるんですね。

シミが生地に乗っかっているだけの状態というのが一番シミ抜きの時には落ちやすいベストの状態です。

コーキング剤がもし付いてしまってもその時の現状よりはしみ抜きをすれば良くなりますので、諦めてしまう前にクリーニング屋さんでシミ抜きする事は十分に価値があります。

今回はご覧の通り綺麗に取る事が出来ましたがプロでも最初の1発目の処理方法を間違ってしまうと取れにくくなる可能性があります。

クリーニング屋さんの受付で「コーキング剤は取れますか?」とお伺いした時に即答で「ムリです」と言われた場合は迷わず違うクリーニング屋さんをネットを使ってでも探してお願いいたしましょう。

「コーキング剤のシミを取るにはリスクがあります」との説明を受けた場合には、ある程度のリスクさえ承認すればしみ抜きをしてもらえますのでその時にはお願いして見るのも良いかと思います。

以前にコーキング剤のしみ抜きの実績があるかどうかも聞いて見る事は必須ですね。
先ずは諦める前にご相談下さいませ♪

ではでは~。

「お洋服のお困りごとのご相談はこちら♪」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。