数年前のシミでも生地が劣化していなければ取れる可能性がありますので諦めないで下さいませ

10年前のシミでも年月の経った古いシミ生地が劣化していなければ取れる可能性があります

はい、結構問い合わせで多いご質問が、「10年前ぐらいの古いシミでも大丈夫ですか?」と言うご質問です。
基本的には何年前でも生地の劣化が進んでいなければ染み抜きは可能です。

以前にお受け致しましたがだいたいの場合には時間が経つとこの様な落ちにくそうな黄色の状態になります。

シミ抜きの方法は生地にダメージが起きない様に色んな方法を試して、反応のある最善のシミ抜き方法を探しますので手間と時間が掛かる場合も有りお仕上がり期間を長く頂く場合もあります。

もしも生地にダメージがあり色(色素)が変化したり無くなっていても、シミを取る方法以外に色が抜けていた場合などには、「染色補正」を行うなどの色々な方法はありますので対応が可能です。

おはようございますオノウエです。
完全に生地が劣化している場合でもその部分を切り離して、例えば長いパンツを短いパンツに作り変える等の今着用してもおかしくないデザインのお洋服にリフォーム(作り変える)する事も可能なのでお声掛け下さいね♪

 

 

 

シミは時間が経つとナゼ取れにくくなってしまうのでしょうか?

それは、シミの中には性質が変質する事でそれに伴う生地への影響が大きくなり、生地自体を傷めてしまうので生地がボロボロになってしまうからなんですね。

生地さえ傷んでいなければシミは時間が経ってもシミなので染み抜きでほとんど取る事は可能です。

でもお洋服の状態を気を付けないといけない問題もあります。
先ほどもお伝えした通り生地と色の状態です。

色も当然シミの劣化に伴って劣化いたします。
そういたしますと色も変色したり抜けたりいたします。

色がもしも変化したり無くなったりした場合には、染色補正が可能なのである程度の回復は見込めます。

生地の方はシミが劣化すると生地を腐らせてきます。
そうして生地の糸が脆くなりシミ抜きや洗浄の力に耐えきれなくなり糸が切れたり破れたり致します。

そうなってしまうと生地の場合にはどうしようもありませんのでリフォームなどの選択肢になります。

今回のしみ抜きは綺麗に取れましたのでまたお気に入りのお洋服を長く愛用して頂けますよね。
どちらにせよお気に入りのお洋服をもう少し長く着用したいとの事であればその時にはご相談下さいね~♪

 

 

ではでは~。

「お洋服のお困りごとのご相談はこちら♪」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。