後から出てくる黄色いシミを防ぐのならお洋服は着用後すぐに洗って下さいね

淡色系のお洋服の襟周りはシッカリとケアしておきましょう

はい、どうですかね?
寒くなってくる季節に備えて夏物衣料の衣替えはもうお済になりましたでしょうか。

基本的にはエリの周りや長袖の袖口などには皮脂汚れが付いております。
要するに油汚れと水に溶ける汚れの両方が付いているんですね。

一見汚れていない様に見えるお洋服にもしっかりと、食べこぼしや皮脂汚れ等のシミが付いています。
後から浮いてくるシミの元は、いつものお洗濯で落ち切れなかった食べこぼしや皮脂汚れ等が原因です。

でも、
毎日洗っているのにこれ以上どうしろと言うのですか!ってお声も聞こえてきそうですよね。

もう一つ落ちにくい原因があります。
それは着用後にすぐ洗わなかった事です。

汚れたまま一日放置するだけで、食べこぼしや皮脂汚れ等の落ち具合は変わって来ます。

おはようございますオノウエです。
ですので、着る前に洗うのではなく、着用したらその後すぐに洗う。

これが後からシミが出てこない様にする為の一番の方法ですよ♪

 

夏物衣料は洗わずに放置している時間が経つと黄色いシミが浮き出ます

例えば着用して一日時間が経ってしまうと、その間に汚れの成分は吸気中の酸素と結合して酸化が始まります。

そういたしますと、お洋服を仕舞う前には見えなかった水溶性の汚れやシミは時間が経つ事により後から浮き出て来て、淡色系の生地の場合は特に顕著に表れます。

そうなりますと余計に目立ってしまいますよね。

付いたお茶やジュースは透明に近い場合は乾くとシミが見えなくなる事もありますが、お茶の成分や植物の色素がわずかでも残っていればそれが時間や温度等の環境により変色を起こすんです。

特にベージュの生地には黄色く変色したシミがチラホラとある場合があります。

お家でちゃんとお洗濯していても取り切れていない汚れやシミがあると、それもやはり時間が経つと変色して浮き出てきます。

そうなってしまうと、それはもうチョットやソットでは落ちない頑固なシミになっています。

そんな時にはぜひクリーニング屋さんで「シミ抜きして下さい!」とお申しつけ下さいね。

クローゼットを開けて沢山シミが浮き出ているお洋服でも、「もう捨てようかしら」と思う前にぜひ御一報くださいませ♪

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。