ずっとお洗濯していても全く動かない取れない薄い黄色いシミでも部分的に漂白すれば取り除く事が出来るかも

一見汚れていない様に見えるお洋服でも食べこぼしや皮脂汚れ等の薄くて見えにくかったシミが後から浮いてくる事もあります

はい、そろそろ暑さもましになってきたら夏物衣料の衣替えですね♪

特に夏物はお家で水洗い出来るお品物は多いですが、毎日洗っているのにいつものお洗濯では落ち切れなかった食べこぼしや皮脂汚れ等の酸化して取れなくなった黄ばみは発生致します。

その黄ばみですが、エリの周りや長袖の袖口はもちろん前身ごろの裾の方にも発見出来たりする事があります。

濃色のお洋服や色柄物でしたらさほど目立たないかも知れませんが白や淡色系のお洋服の場合にはシミがある場所によってはそこそこ目立ったり致します。

おはようございますオノウエです。
特に襟周りや袖口はもちろん、目立ちやすい前身ごろの裾の方もシッカリとチェック致しましょう♪

 

夏物衣料は着用後に洗わずに放置している時間が長い程取れにくい黄色いシミが浮き出てきてしまうリスクが発生致します

特にTシャツやお肌に触れる部分が多いお洋服ほど、汚れたままの状態で着用後に洗わずに放置していると食べこぼしや皮脂汚れ等が変化してシミの落ち具合は変わってきます。

お茶やジュースは透明に近い場合には乾くとシミが見えなくなる事もあります。

ですが、お茶の成分や植物の色素がわずかでも残っていれば、それが時間や温度等の環境により変色を起こすんです。

例えば着用してからお洗濯までに一日ぐらい時間が経ってしまいますと、その間に汚れの成分は空気中の酸素と結合して酸化が始まりシミの状況が変化したします。

その状態でお洗濯しても既にお洋服に付いてしまったシミの酸化が始まりシミの状況が変化している場合には、完全にシミを取り切る事が出来ない場合があるんですね。

そして、洗いあがったお洋服をそのままお洗濯はしたのでシーズン保管致します。

そう致しますと、仕舞う前には見えなかった取り切れなかった水溶性の汚れやシミは時間が経つ事により後から浮き出て来るという訳なのです。

そうなってしまいますと、もうお家では落とす事の出来ない頑固なシミになってしまうんですね。

特に淡色系の生地やベージュの生地には黄色く変色したシミが特に顕著に表れます。
そうなりますとかなり目立ってしまいますよね。

そんな時にはぜひクリーニング屋さんで「有料の特殊シミ抜きをして下さい!」とお申しつけ下さいね。

クローゼットを開けて沢山シミが浮き出ているお洋服でも、「もう捨てようかしら」と思う前にぜひ御一報くださいませ。

ではでは~。

〇ネットでのご依頼はコチラ
↓↓↓↓
ライン@【ラインのお店トークから簡単にお問合せ頂けます=ライン@ID:@iseya】

↓↓↓↓
メール【遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。