ウールのコートはヘビロテで長く使っていると毛が擦れたりして見た目が変わります

基布が黒い淡色系のマーブルコートは連続して着用し過ぎると基布が飛び出して見栄えが全く変わってきます

はい、先日にご相談をお受け致しましたウールが79%ナイロンが20%入っているハーフコートなのですが、2シーズン毎日着用していた為に表の白いウールが擦れて無くなってしまい下にある黒い生地が出て来てしまったので何とかして欲しいとのご相談でした。

手触りの良いデリケートな素材は連続して着用し続けるとどうしても見た目が変わってきてしまいます。

お洋服も人間と同じ様にある程度の休憩が必要です。

もしもこの様な事になってしまった場合には、延命の為の応急処置ではありますがご家庭でもある程度直す事が可能ではあります。

おはようございますオノウエです。
使用過多によるダメージは完全には直りませんのであくまでも延命治療になります。

 

擦れるだけでも変化しやすいウールコートの毛並

細い毛の手触りの良いアウターですが手触りが良いと言う事はそれだけデリケートで細く細かい生地だと言う事です。

そんな生地のお洋服をワンシーズンとは言え毎日着用すれば当然毛羽が傷んでしまいます。

そんな時にはせめて3点ぐらいのアウターをローテーションで着用して、お洋服が休める期間をとってあげましょう。

そんなお休み前のアウターの起毛のお洋服には、お直しの前にブラッシングをしてホコリを取り毛並をそろえてあげましょう♪

 

 

そこで活躍するのがこの様なブラシです。
このブラシは硬めのスエード生地用のブラシですが真ん中にハリガネが毛を立たせます。

このスエード用のSAPHIR (サフィール)スエードブラシですが、お近くのAmazonで1300円ぐらいで売ってます♪

普通のブラシでは効果が弱すぎてダマになった毛がブラッシングしても真っ直ぐにならないのですが、この真ん中にハリガネ入っているブラシならブラッシングした時にダマになってしまった毛をしっかりと伸ばしてくれて綺麗にそろえてくれます。

キツくし過ぎると毛が抜けてしまいますので、弱めから始めて徐々に強くしていき自分の思う状態になったらその強さ加減でブラッシングします。

全てのアウターに有効という訳ではありませんが、毛ダマが解消されて毛並が綺麗にそろい見た目バッチリになりますよ♪

 

今回のコートは最初の状態よりは良くなりましたがあくまでも既に寿命を迎えているお洋服ですので買い替えをオススメ致しました。

その時にはあと2点同時に購入して着用時にローテーションをすれば痛みを和らげる事が可能なので長く使えますよとお伝えいたしました。

お気に入りのお洋服は長く使いたいですよね♪

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。