インクの応急処置で特に色抜けが起こりやすい染み抜き時の行動は生地を擦ってしまう事です

擦るという行為は生地の表面の汚れやシミを生地にダメージを与える事によって取り除く方法ですのでデリケート生地には向いていません

はい、特に淡色系の生地や色柄物の生地は物理的な力が加わると色が弱っている場合には抜けやすいです。

薄めのデリケート生地も同様に素材によっては触ってしまいますと何らかの変化が起きるかも知れません。

特にお家でのお洗濯でもっとも多いご相談の一つが、お家で染み抜きをしたところ生地の色が抜けてしまい白っぽくなってしまったので何とか何とかして欲しいとのご相談です。

おはようございますオノウエです。

今回の事例の様なストライプ等の色柄物の生地は特に注意が必要ですので、インクが付いてしまっても出来るだけ無理はせずにご相談下さいませ。

 

「生地を擦ってしまう」と言う行為はお洋服の汚れを落とす力の中でも機械の力の様な物理的なダメージを生地の一部分に集中的に起こしますので当然の事ながらそのダメージは大きいんですね

もしもシミを取ろうとした時にシミは取れずにシミの周りが白くなって色が抜けてしまった場合には、それ以上は何もせずにご相談下さいませ。

早い段階であればあるほどに綺麗に修復する事が可能になってきますので、どうしようもないと感じた場合にはお声掛け下さいね。

触ってしまって生地が痛んだり色が抜けてしまった場合には、ホームページ等で特殊しみ抜きや特殊色修正の実績とビフォー&アフターの画像を見る事が可能なクリーニング屋さんに相談致しましょう。

もしも断られた場合にはこちらまでご相談下さいませ♪

ではでは~。

「どうしようもない汚れやシミのご相談やご依頼はこちらまでご連絡くださいませ」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。