教えますお父さんの枕の臭い『ダンディーアロマ』を消す方法

0ffdce76bb46e54b4ce5b05dc653be07_s

『ダンディーアロマ』いわゆるアレです

はい、先日に書きました以前の記事の、『洗わなくてイイ毛布や布団なんてありませんよ~』のオマケの記事の反応が良かったので、そこん所を詳しく書いて見ましょうかね。

 

例えば、家族全員の枕カバーを洗濯して、枕に被せる時同じ形の枕。
そこんトコロどうやって見分けるのでしょう。

ええ、そんな時にはニオイかも知れません(笑)

 

他のニオイでごまかしても、寝ている枕はごまかし切れませんよ~。

 

おはようございます、オノウエです。
40過ぎると誰でも発生するハズのアレ。

僕は当然44なので認めたくはありませんが、オッサンなのでもちろんします!

 

いや、同じ44歳の木村拓哉さんはしないかも知れない。

マツコ・デラックスさんも、もしかしたらしないかも知れない。

 

どうなんでしょう?

 

 

スクリーンショット 2016-06-07 14.23.54

枕から匂いが出てくるのは何故か

ええ、枕には頭が直接付いています。
さらに寝る前にはお風呂で頭も洗います。

すなわち寝ている間に頭皮から、頭を洗って取れてしまった油分を補充するべく、油分を出すんですね。

そして汚れるので、枕カバーは洗って交換致します。
そう、カバーは頻繁に洗いますし交換も致します。

カバーは薄いので、生地にも残らず油分を落とす事がある程度可能です。

 

でも、枕の本体は中々洗いませんよね。

そして、洗う時にはナニで洗うかと言うと、水です。
当然、水で枕の奥底の油は落ちません。

 

そうなんです。
お家では洗剤を使っても枕本体の中の油分は、完全に落とす事は出来ないんです。

 

そういたしますと、枕に付いた頭皮の油分が取り切れずに酸化(腐る)して、臭いが出てくる訳ですね。

そしてそのままにしておくと、幾重にも取り切れない油分が重なってもっと取れない様になります。

 

そこで!
どうしたらいいか!!

 

ええ、一つだけ言える事は、油分を完全に落とすなら油分で洗うのが最善です。

ですが、お家では油だけを使って枕を洗う事は出来ないんですね。

 

 

o0450045013172755440

でもクリーニング屋は出来るんです

はい、クリーニング屋の水を使わない『ドライクリーニング』が実は最適なのです。

水を一切使わない、この洗い方はクリーニング屋だけの特権です。

 

うん。
『ダンディーアロマ』の漂う枕は、クリーニング屋に出そう!

そうしよう!!

 

でも実は奥様にとってはそんな事、どうでもいい事なのかも知れません(笑)

ではでは~。

 

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。