ファブリーズとレノア、同じ消臭効果でも使い方の違いをクリーニング屋目線で書いてみました。

ファイル 2016-08-11 19 17 51

同じ消臭効果ですが使う用途が違います

はい、おはようございます!お洋服の修復師オノウエです。
本日も、よくあるご質問に対してお答えする形で書いてみました。

例えばお洋服のニオイが気になる時にはどうしてますでしょうか?
やはり使いますよね、消臭剤。

最近では同じP&Gの商品である、ファブリーズとレノアがお互いにコラボした製品が出ています。

レノアの香りがするファブリーズや、ファブリーズの消臭効果をもつレノアなどの商品が出ております、お互いの良い所をシェアして売り出す考え方は非常に面白いですね

 

では、どちらをどの様な場合に使えばイイのでしょう。

 

時と場合に応じて使い分けるのをオススメするのには理由がある

 

ファイル 2016-08-11 19 32 05

ファブリーズは洗わずに使います

ファブリーズが発売されたのは1996年です。
その時の謳い文句は、『簡単には洗えない、大物の布製品に対して使用する』というものでした。

その後には香りの要素がプラスされ、いつの間にか通常の衣類にも使用する形になりました。

宣伝などでは『ファブリーズで洗おう』と言う表現をしておりますが、あくまでも洗ったように除菌消臭が出来るという事です。

ファブリーズを使用後のお洋服は、基本的には洗ってはいないお洋服と言う事になりますので、汚れやシミは付着したままの状態で使う事になります。

ですので、匂い等が気になる場合には一時的な消臭として有効ですが、常時同じ物に何度も使うのは好ましくありませんね。

 

あくまでも使用の用途は緊急時であり、常時使用はお勧めできません。

 

ファイル 2016-08-11 19 17 24

その点、レノアは洗ってから使います

レノアが販売されたのは、2004年に『衣類を防臭する』、『香りを楽しむ』と言う謳い文句で販売されております。

 

レノアはお洋服を洗ってから、その後に柔軟剤として使用いたしますので、汚れが洗濯により取り除かれた後に使用する事となります。

本来、汚れというものはお洋服に付着すれば、その後時間が経つにつれてお洋服に変化をもたらします。

 

ですので、クリーニング屋から見た場合は使い方として、レノアの方がお洋服に対してはキチンとした使い方と言う事になります。

最近では香りを楽しむ要素が強くなっておりますが消臭効果もかなりのものです。

レノアを使用した事がある方は使って見て分かると思いますが、ハッキリ言って付け足しの香りの要素を引いたとしても、その消臭効果は絶大です。

僕は使って見てそう感じました。

 

匂いがイヤな方でも、消臭効果が発揮されるラインと、香りがきつくないラインの、ギリギリの使用量を調整して試してみれば、人によって感覚は違いますが、かなり使える柔軟剤だと言う事が分かります。

汗の匂いが目立つ、運動クラブの学生のユニフォームもバッチリ匂いが消えます。

 

僕の考える結論

僕の考える結論としては、お洋服のキバミや変化を防ぐのなら、まずは洗う事が最善の策であると考えます。

それにプラスαの柔軟剤を使えば、より快適なお洗濯が可能です。

 

 

どんな良いて商品でも使い方次第ですね。
用途にあった使い方をオススメ致します♪

でわでわ〜

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。