お家でお洗濯する時にはどんな生地に対しても同じ洗剤でいいのかのご相談をお受けいたしました。

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-09-12-20-20-49

お家で使う洗濯洗剤も生地によって得手不得手があるのを知ってましたか?

はい、お家で使っている洗剤にも実は液性と言う種類があります。
なんか難しそうですが、3種類だけですので一応知っておくとイイかも知れませんね。

 

ええ、それは何かと言いますと、洗剤の入れ物の裏の成分表示のラベルを見た事ありますでしょうか?

実は、そこに書いてあるんですね。

 

そこには、『弱アルカリ性』や『中性』や『弱酸性』と言われる種類が記入されています。
実は生地によって得意な洗剤の種類があるんですね。

 

おはようございますオノウエです。
アルカリ性や酸性って聞いた事ありますよね。

そんなお話をちょこっとだけしてみますね♪

 

生地の種類によって洗剤は使い分けた方がイイ

ええ、例えば同じメーカーの同じブランドでも液性というのは違うのです。

ウールのセーターを洗うオシャレ着洗いなら、弱酸性が向いています。
綿の白いシャツで汚れをガッツリ洗うなら弱アルカリ性ってな感じです。

中性はウールも綿も何でもいけるかわりに効果は弱いです。
まあ無難な感じです。

 

と言う事で、少し説明してみました。

 

 

%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2016-09-12-20-17-46

弱アルカリ性・中性・弱酸性・ってなんやネン

 

 

弱アルカリ性(PH8~11ぐらい)綿や麻を洗うのに最適
アルカリ性に弱いのは動物性の生地ですので、
ウールやシルクを洗うのには向いていないと言う事になります。

 

中性(PH6~8ぐらい)何でもイケます
全ての生地に対応してます。

 

弱酸性(PH3~6ぐらい)ウールやシルクを洗うのに最適
酸性に弱いのは植物性の生地です。
綿や麻などを洗うのには向いていないと言う事です

 

知っとくと自慢できるPH

はい、昔はドイツ語読みで『ペーハー』とか言うてましたが、今では英語読みで『ぴーえいち』って言います。

『ぴーえいち』は水溶液の性質の事なので、お家洗いでは特に気にしなくても問題はありません、というか、気にする必要なしです。

 

でも、クリーニングのプロにとっては重要な数値ナンですけどね。
お家洗いでもコレを知っとくだけで、ちょっと自慢できちゃいますよ♪

ではでは~

 

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。