ポケットの底に付いている赤い古~いシミがとても気になる方へ

 

長年こびりついたまま洗っているインクは取れにくい

はいシャツの胸ポケットの底に付いてしまったインクの色って中々取れませんよね。
そのうちに、「もう取れなくてもイイや!」って普通に洗って見ない事にしている方も多いのではないでしょうか?

実は本当は気になるんですよね。
でも、取れないからそのままにしておられると思います。

付いてしまったインクをそのままにお洗濯を繰り返していると、取れない汚れにドンドンと洗剤の不可が掛かり余計に浸透して変化し取れにくくなってきます。

病気で言うと、薬を飲みまくっていると薬が効きにくい状態になるのと同じですね。

特に黒や赤の色は残ると厄介なんですね。
そのままお洗濯して何度も洗剤にさらされる事によりもっと落ちにくくなっています。

でもですね。
赤色なら落ちる可能性があります。

おはようございますオノウエです。
黒色は細かいカーボン粒子ですので生地目に入ると取りにくいですが、赤は染料ですので何とかなる事が多いんですね♪

 

 

ペンのインクやハンコの朱肉などの取れないシミ諦めるのはまだ早いです

ええ、もう取れないと諦めてはいませんでしょうか?

でもまだ大丈夫!
赤色なら落ちる可能性があります♪

シミ抜き剤の中には赤色のシミだけを取る為に存在するしみ抜き剤もあるぐらいですから、赤い色は何とか取れるかも知れないんです。

もし気になる場合には、こちらまでご相談下さいね。
「メールでのお問い合わせ」
出来ればお気に入りのシャツはキレイに着たいですよね♪

ではでは〜。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。