実はお洋服に付いたインクの染みは油性のインクより水性のインクの方が落ちにくいのです

インクの種類は大きく分けると三種類ありますがその中でも意外ですが油性インクが一番落ちやすいのです

はい、ボールペンのインクには種類があるのですが、大きく分けますと「油性インク」と「水性イン」と「ゲルインク」の3種類があります。

その中でも比較的落とし安いのが意外にも「油性のインク」なんですね。

ですが、ご存じの通り「油性のインク」が落とし安いと言っても、この三種類の中ではの話なので一般的には「油性のインク」はお洋服に付いた場合には簡単には落とせません。

おはようございますオノウエです。

それほどインクの染みはお洋服に付いてしまうと厄介なシミという事が分かりますよね。

 

水を使えば落ちると思われがちの「水性インク」ですがそれは勘違いで水で落とせるから「水性インク」と言う訳ではないんですね

「油性インク」は皆さまご存じの通り落ちにくいインクの代表格ではありますが、実はお洋服の生地に付いてしまった場合には「水性インク」の方が圧倒的に落ちにくいインクなのです。

そして「水性インク」は水で落とせるから「水性インク」なのではなく、製造の段階で水を使用しているから「水性インク」と呼ぶんですね。

「油性インク」は水を一切使用せずに油を使って薄めて作られるのが油性であり、「水性インク」は製造の段階で油も使用してますが水を使っても薄めて作られるので水性なのです。

水を使って薄める事が出来るから水性なのです。

ですが、乾いてしまうと「油性インク」も「水性インク」も同じです。

その上「水性インク」の方が水に対しての耐性が強くお洗濯やクリーニングという観点から考えますと非常に相性が悪く落ちにくいんですね。

「水性インク」は落ちにくいという事が分かったと思うのですが、三種類目の「ゲルインク」は「水性インク」と「油性インク」の両方の効果を持っており更に前の二つに比べてももっと落ちにくいインクなのです。

そんな色んな種類のある落ちにくいインクがお洋服に付いてしまった時には決して無理はせずにご相談下さいね。

ではでは~。

「お家や他店ではシミが落ちなかったお洋服のシミのお問い合わせはこちらです」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。