ハンコに使用されているインクや朱肉は濃く付いてしまいますと非常に落ちにくくなってしまいます

滲みにくく速乾性のあるハンコに使用されているインクや朱肉は生地の奥深くに浸透してしまいますと取れにくいシミになってしまいます

はい、ボールペンのインクもそうなのですが最近では速乾性があり乾きやすく、水分にも耐性のある滲みにくいインクが使用されています。

当然の事ながらそのインクがお洋服に付いてしまいますと非常に取れにくく、ましてや生地繊維の奥深く迄浸透してから固まって乾いてしまいますと非常に取れにくいシミになってしまいます。

おはようございますオノウエです。

特にハンコに使用されているインクや朱肉の場合には、水にも油にも溶けない固形成分も配合されている場合が多く非常に取れにくいシミの部類となるんですね。

 

お洋服にお家で取れにくいシミがあったとしても塩素を使った過度な漂白処理はシミが取れない上に色抜けや変色や生地劣化等の多大なダメージを与えてしまいますので避けましょう

何をしても取れないシミがある場合には漂白処置をする前に、何もせずに出来るだけ早めに染み抜きの出来るクリーニング屋さんに相談致しましょう。

応急処置で過度に触ってしまいますと逆に生地の繊維奥深くまでインクや朱肉が浸透してしまい、非常に取れにくい状態に変化してしまうんです。

もしもインクや朱肉のシミを触ってしまい広がったり取れなくなってしまった時には直ちに中断してご相談下さいませ。

最悪の状態になってしまってからでも何とかなるケースもありますので是非ともご相談下さいね。

ではでは~。

「お家では取れないシミのご相談お問い合わせフォームはこちら」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。