今まで取れなかったからそのままにはしていたけどやっぱり気になるシミがとても気になる方へ

ポケットの底に付いたままで長時間放置している古いシミでも落ちるかも知れませんよ

はい、シャツの胸ポケットの底に付いてしまったり随分前に付いてしまって洗っても取れないインクのシミってございませんか?

そのままにしている内に「もう取れなくてもこのままでいいかな。。」なんて思ってはいませんでしょうか?

本当は気になるシミでもクリーニング屋さんでしみ抜きして1度でも取れませんでしたと言われてしまいますと諦めてしまいがちになります。

実はそのインクの染みは落ちる可能性があります。

インクの染みはこれでもかと言う程に油性の処理をシッカリとしてからその他のしみ抜き処理に入ります。

その最初のインクの油性の処理をおろそかにしてしまうと油膜が残ってその後のしみ抜きで酸化したり化学反応を起こして余計に取れにくくなったり致します。

そこで!
もう一度最初からとことんインクの油性処理をする事で1番上にある変化してしまった油膜を取り除く事で取り除く事が可能になるんです。

おはようございますオノウエです。
黒色のインクと赤色のインクでは成分が異なりますので取り除き方も変わりますがまだまだ諦めるには早いと言う事ですね♪

 

付いてしまったインクをそのままにお洗濯を繰り返していると余計に浸透して変化し取れにくくなってきます。

この状態は病気で言いますと普段から薬を沢山飲んでいると、たまに飲む人よりも薬が効きにくい状態になるのと同じですね。

お洋服もそうなんです。
取れないシミや汚れをそのままに再びお洗濯をしてしまいますと、シミや汚れが何度も洗剤にさらされる事によりもっと生地に浸透して変化して落ちにくくなってしまいます。

生地自体が薄くなっていたり破れそうになっていたりしていないのであれば、その状態は諦めるにはまだ早いと思います。

もう取れないと思って諦めてはいませんでしょうか?
まだ間に合うかも知れませんので、取れなかったシミや汚れが気になる場合にはこちらまでご相談下さいね♪

「メールでのお問い合わせ」

ではでは〜。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。