学生さんのシャツやブラウスの襟周りや袖口は部分的に先に汚れを落ちやすくしてから洗ってあげて下さいね

学生シャツやブラウスは直ぐに襟周りが黒くなりますので日々のケアを大切に

はい、ご存じのとおり男子学生服のシャツは毎日これでもかっていうぐらい汚くなりますよね。
お家で洗う際には、先に襟部分にウタマロ石けんを付けて洗ったりしていると思います。

ウチの場合もたまたまクリーニング屋さんなので、毎日キレイなワイシャツをローテーションで着ていますが普通は毎日は換えませんよね。

そして、何も男子だけではありません。

女子学生のブラウスも襟の部分は個別でしっかりとウタマロ石けんを摺込んでから洗ったり、中性洗剤と歯ブラシでトントンしてから洗ってあげないとかなり汚れてきます。

おはようございますオノウエです。
はい、若い間はエネルギーが満ち溢れていますので、しっかりと部分洗いしないと襟元や袖口もスグに黒くなりますよ。

襟元を少しだけ時間をかけて部分洗いしてあげましょう

部分洗いを致しますとそれだけでも変わります。
黒い汚れは皮脂汚れにススが付いて固まった汚れです。

生地の隙間に入ってしまうと取れにくくなります。
時間が経っても取れにくくなります。

もし、どうしてもお年頃の子供達が襟の汚れを気にするようであれば、クリーニング屋にシミ抜きで出して見ましょう♪

クリーニング屋には専用の機械や薬品も沢山ありますので、ご期待に添える事が出来ると思います。

クリーニング屋にはこういう専門の道具があり襟の黒ずみもシッカリ落とせますので、ぜひ出してみて下さいね。

もし、お近くのクリーニング屋で落ちない場合はご相談下さいませ~。
テヘペロ♪

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。