襟部分の黄ばみは殆どの原因がお肌との擦れによりお洋服に付いた皮脂汚れが変色したものなのです

クリーニングしていても洗っても落ち切れなかった水溶性の皮脂汚れが変色を促す原因となります

はい、ちゃんとシーズンオフ時にはクリーニングしてお直ししているのに、何故か着用しようとして見てみたら襟部分が黄ばんで変色していた何て事はございませんでしょうか?

実はそれクリーニング屋さんの通常のお洗濯であるドライクリーニングだけでは皮脂汚れの一部である水にしか溶けない汚れの水溶性の汚れは殆ど落ちないのです。

その逆に、お家でのお洗濯では水洗いしか出来ないので皮脂汚れの一部である油汚れは落としにくいんですね。

おはようございますオノウエです。

と言う訳で、得意に襟元や袖口に擦れ汚れの付きやすいジャケットやシャツの変色や黄ばみを抑えるには、お直し前には皮脂の油汚れをシッカリと取り除くドライクリーニングと汗等の水溶性の汚れを取り除く水洗いの両方が必要になってくるのです。

 

もしも襟元や袖口が変色したり黄ばんだりしてもその部分だけお直しして再び着用出来る様にする事は可能です

今回の事例の様に襟元が黄色く変色してしまってもピンポイントで黄ばみを取り除く事も可能な「特殊部分しみ抜き」や、色抜けして無くなってしまっても無くなった色を再び入れる事の出来る「特殊色修正(染色補正)」が有効になります。

かなりの時間が経ってから現れてきた黄ばみ等は特に頑固なものが多く大変取れにくい状態になってしまっておりますのでもしもの時にはご相談下さいませ。

この現象は毎日洗っていたとしても落としきれていない皮脂汚れが少しでも付着している場合には長期保管中に起こってしまいます。

注意する点として長期保管のお直し前にはシッカリと汚れを落としておく必要があります。

クリーニング屋さんでは「ドライクリーニング」と「特殊水洗い(ウエットクリーニング)」の両方が出来る特殊コースの「Wクリーニング(ダブルクリーニング)」と言うコースもありますので選んでみて下さいね。

ただ注意したいのは、クリーニング屋さんによって「ドライクリーニング」と「特殊水洗い(ウエットクリーニング)」の両方が出来る特殊コースの名称は違います。

クリーニング屋さんによっては水を使用しない場合のコースもありますので、その場合には水溶性の汚れ取り効果は確実に落ちますので後に黄ばみが出てくる事も考えられます事も考慮する必要があります。

と言う訳で、当店ではお直し前のお洋服には「Wクリーニング」がお勧めで、シミや黄ばみが既に発生している場合には除去出来るコースの「復元加工」をオススメ致します。

まだまだ衣替えの季節ですのでお直しのお洋服がありましたらチェックして下さいませ♪

ではでは~。

「襟の皮脂汚れや黄ばみが取れない時のメールでのお問い合わせはこちら」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。