淡色で薄手のセーターにシミや黄ばみが発生したらお洗濯やしみ抜きには要注意です

生地によってはかなりデリケートですので無理をして生地にダメージを与えてしまう前にご相談くださいませ

はい、例えば白や淡色系の場合のお洋服ですと見た目に黄色いシミなどが一点着いているだけでもかなり目立ちますので何とかして落としたいと思います。

しかしながら白の場合には出来る事が沢山ありますので比較的にシミを落としやすいのですが、特に生成りや薄い水色やピンク色などの淡色の場合には生地の色まで薄くなってしまう事があります。

それに食べこぼしではなくて錆などのシミでしたらお家でのお洗濯やしみ抜きの場合には何をしても中々変化しない場合が殆どです。

おはようございますオノウエです。
そんな時にこそ是非ともしみ抜きの出来るクリーニング屋さんを頼ってくださいね♪

 

濃色は勿論の事ですが淡色の色でも保管状況やお洗濯方法によっては色素が抜けてしまったり変色したりしてしまいます

例えば食べこぼし等の汚れやシミは時間が経つ事によりシミの成分はさらに凝縮され、繊維や染料にダメージを与え続け変化して変色してしまい取れにくいシミに変化してしまいます。

こうなってしまいますとお家で取る事はもう手遅れになります。

金色に近い状態になってしまっておりますと既に生地もかなり傷んでいる事が多く、濃色の色柄物のストールでしたらシミを取り除いても色(色素)がダメージを負ってしまいそんな時には色修正(染色補正)が必要になります。

今回は油性のしみ抜きで油膜を取り除きその後に水溶性処理と部分漂白によって綺麗になりました。

お家で出来ないお洗濯や染み抜きは是非ともムリはせずにご相談下さいね♪

【遠方の場合の染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

ではでは~

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。