セーターのソデの一部が黄色くなってしまったけど取る事は可能でしょうか

ウール製品の変色は取りきれていない汚れの変色が原因です。

はい、雨が続く蒸し暑い日々の季節ですが夏に向けてのクローゼットお洋服入れ替えはもうお済みでしょうか?

この蒸し暑い中ではあまり動きたくありませんがもしも汚れたままでクローゼットにお直ししてしまっていると今回のご依頼の様に変色へと繋がります。

特に今の時期には汚れやシミが高い湿気と暑い温度によってジャングルの様な状態になりお洋服の劣化を促進致します。

実際にジャングルテストと言う人工的に湿度を95%以上に上げて室温を70度に設定したボックスの中で合成皮革などのお洋服や生地の加水分解(劣化)を検証するテスト方法もあります。

要するにこの湿度と温度の高い状況はお洋服にとってかなりの大ダメージが発生してしまう状況である事は間違いないんですね。

おはようございますオノウエです。
お家のクローゼットの中はそこまでの状態にはならないと思いますが、カビや虫食いの予防も兼ねて風を通したりの換気や湿気取り対策は必要ですね♪

 

ウールのセーターの袖の一部が既に黄色くなってしまっていてもシミ抜きすれば現状よりもキレイになります

この状態ですと今回のシミ抜きはまだ生地にはダメージが少なかったので綺麗に取り除く事は可能でした。

ただし現状よりも酷くなってしまうと色が抜けてしまいますので、そうなってしまいますと抜けた色を部分染色で足して直さなくてはなりません。

抜けた色を部分染色の色修正である程度は直せますが技術料金が高く付きます。

ですのでそうならない為にもお洋服の保管前や保管中や着用前の状態をシッカリとチェックする事が大事なんですね。

今回は綺麗に黄ばみを取る事は出来ましたが生地まで痩せてしまいますとメンテナンスが間に合わなくなってしまいます。

もしもそんな状態になってしまってもご相談下さいね~。

ではでは~。

「しみ抜きの出来るクリーニング屋さんがお近くに無い場合のご相談はこちらへ」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。