お着物に付いてしまったボールペンのインクの染みは応急処置で触る方が良いのか?良くないのか?

もしもお着物にボールペンのインクが付いてしまった場合には応急処置で触らずにそのままにして染み抜きの出来るクリーニング屋さんにお持ちくださいませ

はい、お着物を着用している時にボールペン等を使用しておりますと、知らない間にシュッとインクが付いてしまう事があります。

大体は着用時には気が付かないのですが、着用が終わって畳んでいる最中に気が付いた時についつい焦ってしまいベンジン等で応急処置を行う場合がありますが実はソレ要注意の行動何ですね。

お着物の生地がシルクの場合には特に気を付けないと、インクが滲んで広がってしまったり触ってしまった部分の生地が色褪せてしまったり裏地に輪の様なシミが浮き出てしまう事が多いのです。

お着物の場合には基本的には水の使用はメンテナンスの知識が無いと出来ませんので、お家で出来る応急処置は限られてきます。

おはようございますオノウエです。

では先ずは何をすればよいかと言いますと、「何もしない!」のが一先ずの正解なんですね~。

 

やはり生地や色にもダメージが無く綺麗に取り除くのならお着物のメンテナンスが可能な染み抜きの出来るクリーニング屋さんに相談しましょう

ボールペン等のインクは皮脂汚れや食べこぼしや血液のシミとは違いタンパク質が変質してシミの影響が進行する事は殆ど起こりません。

なので時間が経ってもあまり変化は起こりませんから、取り敢えずはあわてて自分で何とかしようとはせずにお着物を取り扱う事の出来るプロに相談する事をお勧めいたします。

です、が過度な熱などの温度が掛かってしまいますと取れにくくはなりますので出来るだけ早めにご相談下さいね。

今回のお着物に付いてしまったボールペンのインクも応急処置等でお着物の生地を触っていませんでしたので、生地や色や裏地にもダメージ無く綺麗に取り除く事が出来ました。

意外ではありますが、お着物に限らず時間が経つと変化してしまう皮脂汚れや食べこぼしや血液のシミも同様に、「何もしない事」が後に綺麗にシミを取り除ける一番の対応策である事が殆どです。

もしも応急処置をするのであれば、しみ抜きの応急処置はタイミングや方法によっては取れる事もありますがやはりリスクとは隣り合わせになりますので想定外の事が発生する事を理解した上で応急処置を行いましょう。

特に時間が経ってしまい固まってしまった皮脂汚れや食べこぼしや血液のシミ等のタンパク質のシミは触らない方が無難ですのでその時には早めにご相談下さいませ♪

ではでは~。

「取れそうにない染みのご相談はこちらまでご連絡下さいませ」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。