夏物衣料に本当に多いご依頼は時間が経って黄色くなってしまったお洋服の黄ばみは取りのお仕事です

夏物衣料の場合には取りきれてないシミが変化して時間が経ってから黄色く浮き出てきた黄ばみ取りのご依頼が殆どです

はい、そろそろ本格的に寒くなってきたと思ったら、お昼間はめちゃくちゃ暑かったりしてお昼と夜の寒暖差が激しい今日この頃はいかがお過ごしでしょうか?

急にまた例のウイルスが流行りだしたり等色々と大変ではありますが、いつも通りにマスクや手洗いうがいを徹底して毎日の体温も計って自己責任で気を付けるしかありませんよね。

イベントも軒並みに中止となりお出かけする事も少なくなってしまったとは思いますが、この夏に活躍した夏物衣料の衣替えは終わっていますでしょうか?

これから寒くなってきますので去年に仕舞洗いを忘れていた冬物衣料のクリーニングも忘れずに行って下さいね。

おはようございますオノウエです。

その時にシミは勿論の事、今まで保管していた間にウール製品等は虫食いの穴や傷があるかも知れませんのでそれも併せて見つけてシッカリとメンテナンス致しましょう♪

 

黄色くなってしまったお洋服の生地の上では食べこぼしのタンパク質が現在進行形で酸化(空気と反応して変化する事)が起こっており更に状況を進行させてしまっているのかも

黄色くなった生地の黄ばみの殆どの場合が水溶性のシミですが、食べこぼしのタンパク質等が変化する事によって黄色くなってきておりますので早急に黄ばみを取り除く事が必要です。

そのままにしておきますと色が黄色から濃いオレンジ色や金色に変化して、やがては生地まで腐食させてしまい限界まで来た時には黄ばみを取り除く際に生地まで取り除けてしまうんですね。

要するに生地がもう染み抜きに耐えきれない状態であり、生地の繊維が切れたり破れたり穴が空いたりしてしまうという事です。

そんな状態になってしまう前に出来るだけ早期発見して取り除くように心がけましょう♪

今回いお預かりの白い生地のお洋服に出来てしまった黄ばみも殆ど分からないぐらいに取り除く事が出来ました。

お家でもクリーニング屋さんでも取り切れなかった汚れやシミは取り切れない状態のままにせずに染み抜きの出来るクリーニング屋さんでシッカリと取ってもらいましょう♪

ではでは~。

 

 

 

 

【遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。