シミや黄ばみの下にある色が劣化してしまいシミや黄ばみを取り除いた時に一緒に色まで取れてしまうかも

色柄物のお洋服に付いた「シミ」の下にある「色」は時間と共にシミと一緒に劣化してしまいダメージを受けてしまいます

はい、特に色柄物の場合にはシミが付いている場合には気を付けないといけない事があります。
それはシミが劣化して時間が経ってしまいシミの色が濃い黄色や茶色や金色になってしまっていないかです。

もしも色柄物の生地の場合にはそのお洋服の色にダメージが発生している場合が多く、シミや黄ばみの下にある色が劣化してしまっている場合にはシミや黄ばみを取り除いた時に一緒に色まで取れてしまう事があります。

白い生地の場合にはシミの色素が残る事があっても生地の色には変化はありませんが、生地自体の繊維が痩せて薄くなってしまい切れたり穴が空いてしまったりしやすくなります。

おはようございますオノウエです。

これらの事から分かりますように、結局はお洋服に発生したシミや変色はそのままにして時間が経ってしまいますともっと多大なダメージをお洋服に与えてしまう可能性があるんですね~。

 

 

シミや黄ばみが中々取れない簡単に落ちない等の理由は最初のお洗濯でシミの一番上にある油成分である油膜を落とし切れていない事が多いからなのです

酸素系漂白剤の力をお洋服の黄ばみにより効果的に効く様に使用するには、先のお洗濯で油汚れをガッツリと取り除く必要があります。

黄ばみの上に汚れや油膜が張っておりますとその状態では酸素系漂白剤は効果を十分に発揮出来ないんですね。

汚れやシミを効果的に取り除く為にはその手順には順序があり、その工程の一つ一つをシッカリと行わないと後に行う作業の効果や結果が変わってくるのです。

ですが色柄物のお洋服の色や生地にダメージを与える様なゴシゴシと擦ったりする洗い方や、塩素系漂白剤を使用する等の過度な処理は避ける様にして下さいね。

今回の古いシミはピンポイントで油膜を取り除いた後部分的な漂白処理を色にダメージを与えずに行って綺麗に取り除く事が出来ました。

もしもお家のお洗濯で取れそうになかった「黄色いシミ」がある場合には是非ともお声掛けくださいませ♪

ではでは~。

【遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。