シミの原因で一番多いのがお食事の時の食べこぼしですが不十分な応急処置だけでは残ってしまいます

特に多い生地に影響する応急処置は近くにあった布おしぼりで擦った事で白くなってしまったという事例です

はい、お食事の時の食べこぼしですが応急処置だけでは中々簡単には取り除けなかったり致しますよね。

そんな時にやってしまいがちなのが近くにあった布おしぼりで擦ると言う行為です。

基本的にはお洋服の生地はアンダーウエアに比べますと生地がデリケートなお洋服が多く、石鹸や洗剤を付けてゴシゴシと擦る行為は御法度です。

汚れやシミが付いてしまった時にはその対応の方法によっては取れなくなってしまう原因にも繋がる事があるんですね。

おはようございますオノウエです。

特に色柄物のお洋服に付いてしまった食べこぼしの汚れやシミはそのまま時間が経ったり応急処置時に擦ってしまいます色が変化する事がありますので、汚れやシミは擦らずに摘まんで取ったり叩いて取り除く様に致しましょう。

 

応急処置では料亭等で提供されている布オシボリは使用しない様に致しましょう

料亭等で提供されている布オシボリには消毒洗浄に使った塩素が必ず残っており、その布オシボリでお洋服をゴシゴシと拭いてしまいますと色が抜ける等の変化が発生致します。

しかもそれは時間が経ってから現れますのでその時には綺麗になったと思ってしまうんですね。

塩素はお洋服の生地に付いてしまいますと中和しない限りはその成分は付いたままになり、後に色(色素)を破壊したり生地を脆化(脆く壊れやすくなる)させたりするのです。

今回の事例は普通の生地では無く起毛の生地でしたので部分的に水分を添加致しますと毛並みが変わって仕舞います。

ですが広範囲に水分を薄く添加して根元から起毛を乾かす事によって、毛を再び立たせて毛並みを元の状態に戻す技法もありますので綺麗にする事が出来ました。

もしもどうしてもシミを取り除きたいお気に入りのお洋服の場合には、食べこぼしの固形物質はティッシュやハンカチで擦らずに摘まんで取り除き後はそのまま何もしないで後にメンテナンスのプロにご相談下さいませ。

その後にはどうしても気になる様でしたら、水を含ませたティッシュやハンカチにシミを移す様に摘まむ程度で染み抜きを行うぐらいでその場での応急処置は留めておいて下さいね。

気合を入れ過ぎてしまいますと擦れにより色が直ぐに白けてしまいますのでご注意を!

気になる場合には場合には何もせずに触らずお持ちいただく方がシミや汚れはかなり落ちやすいです。

そんな時にはこちら迄お問合せ下さいね♪

ではでは~。

【遠方からでも染み抜き等のご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。