襟の黒ずみは着用後にはシッカリと取り除いておかないと蓄積されやすく取れにくくなってしまいます

襟の黒ずみはそのままにしてしまいますとスス汚れがより細かくなり生地の内部に浸透して取れにくくなってしまいます

はい、シャツやブラウスは長く使用しておりますと毎日洗っていても、段々と黄色くなってきたり黒ずんでくる事があります。

その原因は着用により汗と一緒に付いた皮脂汚れです。

毎日のお洗濯では汗や皮脂汚れの中の水溶性の汚れは落とせるのですが、皮脂汚れの中にある油性の汚れがお洗濯では完全には落とせないからなんですね。

油性の成分を取り除く為には同じく油性の成分を使用するのですが、お家での場合には油汚れに強い洗剤を使用してもそれだけでは完全に落とし切る事が出来ません。

おはようございますオノウエです。

その少しずつ残ってしまった油汚れはやがて黄ばみや黒ずみになる原因となるのです。

 

残ってしまった油性の汚れが空気中に漂うミクロの埃やススを皮脂汚れの油性成分を接着剤の様な媒体にして襟元にくっ付き黒ずんでくるのです

埃やススは不溶性といわれる水にも油にも溶けない成分ですので、生地の繊維の隙間に奥深くは入ってしまいますと中々取り除く事が困難になります。

ですので、そうなる前にその原因となる油性の汚れを取り除く事が必要なのです。

クリーニング屋さんではその油性の汚れ落としに不可欠な特殊な薬品や、性能を一気に上げる事の出来る温度を調整する特殊機械も設備しております。

洗剤や漂白剤は温度を上げますとその効果はより強力になりますが、お家ではその術はありませんのでそこの部分もお家とクリーニング屋さんの違いなのです。

襟の黄ばみの場合にはその部分にピンポイントで温度を掛けながら漂白し取り除きます。

黒ずみの場合には水にも油にも溶けませんので薬品で生地の繊維から引きはがして、一気に物理的な水流や蒸気の力で吹き飛ばして取り除きます。

ただし、より深くに生地の繊維の隙間に奥深くまで入り込んでしまった埃やススは、取り除く際にかなりの負担が生地に発生致しますので生地の様子を見ながら染み抜きを行う事になります。

こうして襟の黄ばみや黒ずみは落とす事が出来るんですね!

もしも襟や袖口の黄ばみや黒ずみが気になる場合はクリーニング屋さんでしか出来ない特殊シミ抜きでスッキリ致しましょう♪

ではでは〜。

「襟の黄ばみや黒ずみが取れない時のメールでのお問い合わせ」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。