ネクタイは応急処置で水を使用致しますと汚れが広がってしまい輪の様なシミの状態になる場合があります

輪ジミとは汚れが蓄積されている状態で水分付着により汚れが移動し汚れている部分と汚れていない部分の境い目に輪の様な線が入ってしまうシミの事です

はい、特に輪ジミが発生しやすいお洋服や生地は洗濯頻度が低く、水洗いが出来ない表示のお洋服や生地に水分が付着した時に発生しやすくなります。

今回の事例の様なシルクで出来ているネクタイもそうですね。

生地的には特にシルクの場合には洗濯表示に水洗い出来ないと記載されているお品物が多くあります。

それらの水洗出来ない表示のお品物に汚れを取り除く為に水を使用致しますと、汚れが広がってしまい輪の様なラインが発生するいわゆる輪ジミの様な状態になってしまう事もあるんですね。

おはようございますオノウエです。

シルク生地に付いてしまった食べこぼし等の水溶性の汚れを取り除くには、この様なリスクも考えられますので出来ればクリーニング屋さんの特殊染み抜きをおススメ致します。

 

生地が使用による擦り切れ等で痛んでいたり色(色素)が痛んでいたりする状態で水を使用して無理にシミを取ろうと致しますと穴が空いたり色が変化して変色したりする事もあります

ご家庭でのシルクのネクタイに付いてしまった汚れやシミのメンテナンスは、出来れば応急処置であれ触らない方が総合的に無難なのです。

その場合には、先ずは染み抜きのプロに応急処置等の方法を聞いてみてから無理そうならお任せするという選択肢が必要になります。

同じくシルクが使用されているお着物もそうですので、お着物のメンテナンスと思えばネクタイもメンテナンス出来るプロにお任せするのが無難と言えますよね。

今回の事例はシルクのネクタイに何が付いてしまったか分からないシミを取り除くというご依頼でした。

お家では応急処置をされていない状態でお持ち頂きましたので、特に生地に負担を与える事無く綺麗にシミを取り除く事が出来ました。

ネクタイやお着物に使用されているシルク生地は非常にデリケートですので、応急処置を考えている時には十分取り扱いに気を付けて出来れば何もせずにご相談下さいませ♪

ではでは~。

【お洋服以外でも全国郵送対応の染み抜きのご相はこちらまで】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。