鯉のぼりは洗ってますか?空気中の油分やスス等により汚れしまう鯉のぼりは洗えます

使った後にはそのまま仕舞われがちな鯉のぼりですが実は鯉のぼりってクリーニング出来るんです

はい、意外かも知れませんが鯉のぼりのクリーニングは以前からお受けしておりまして、鯉のぼりの大きさによりクリーニング料金は変わります。

気になる「鯉のぼりクリーニング」お値段ですが種類は全て一律の2メートル以内は税込み価格で3,300円でして、4メートル迄は税込み価格6,600円で1メートル増える毎に税込み価格1,100円(税抜価格)頂いております。

鯉のぼりは飾られている間はずっと風に吹かれておりますので、空気中の油分やスス等により当然汚れてしまい色も段々色あせて薄くなってしまいます。

おはようございますオノウエです。

抜けてしまった色はどうしようもありませんが弱ってしまった色が他の部分に移らない様にする特殊な洗剤で洗いますので是非ともご相談下さいませ。

 

今はほとんどがポリエステルかナイロンで出来ておりますので実はご家庭でも洗濯機で洗う事は可能なんです

昔は材質が木綿の鯉のぼりもあったそうですが今では殆どが基本的にポリエステルかナイロンで出来ておりますのでお家での水洗いでお洗濯も可能な素材です。

ですが、かなり大きくて場所を取ってしまう事とシワ等が出来ている場合には、そのシワを伸ばす作業や仕上げが大変なので中々お家で洗って乾かして仕上げるのは大変なのです。

ソコソコの大きな鯉のぼりですと5メートル以上はありますので、流石にお家の洗濯機でムリムリに洗えてもその後には困ってしまいますよね。

そんな時には「鯉のぼりクリーニング」もお受けしておりますのでお困りの際にはお声掛け下さいませ♪

ではでは~

【遠方からの場合の宅配しみ抜き&クリーニングのご要望はこちらまでご連絡下さいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す