使い捨て脇汗パットの取り忘れにはご用心下さいね

4412a1719036130daa2f3090fb47bd1a_s

取り忘れるとベットリしてくる

はい、もうすでに暑い日には30℃を超える事もありますよね。
これからの時期はドンドン暑くなってくるので、当然汗も大量にかきます。

 

そこで、女性の方は特に今時期によく使う、汗を吸い取る使い捨てパットなんですが、実は取り忘れて放置しているとベトベトになったり致します。

一度そうなってしまうと、手で剥がしてもちゃんと取れませんし、ガムテープでくっつけて取っても全然キレイに取れません。

 

今では、布製やインナーの一体型なども有りますので、そういうモノを選ぶと言う選択もありますよね。

 

おはようございます、しみ抜き修復師のオノウエです。
では、もしベトベトが付いてしまった場合には、どうすればいいのか?

それ、ズバリお答えいたしましょう!

 

 

o0400040013000116595

ベトベトになるとこんな感じになります

はい、この画像のジャケットには、結構べっとりと粘着部分がスーツの裏地の脇部分にくっついちゃってますね。

この状態をお家で何とかしようと思うと超大変です!
では、どうするのか?

 

 

はい。
ドライクリーニングをすれば取れます♪

 

 

ええ、ドライクリーニングでは水は使いません。
ドライゾールと言う有機溶剤(汚れを溶かして取る溶剤)を使って洗うのです。

このドライクリーニングを行うと、くっ付いたりネバネバしたりするものは油を取る力で、大概取る事が出来ます。

参考までに⇒⇒ 『ドライクリーニングって何なの?どんなお洗濯なの??』

 

ですので、例えばガムテープやセロテープをドライクリーニングしたとすると、粘着部分は取れて無くなるんですね。

 

o0400040013000116596
ええ、こんな感じでとてもキレイになりました。

お家で必死になって取ろうとすると、かえって衣類にダメージを与えかねない場合もございます。

 

どんなシミの場合もそうなんですが、ご自分で処理する前には、まずいつものクリーニング屋さんで聞いてみましょう。

『こんなんなったんですけど、どうしたらいいでしょう?』って。
そうすれば、対処法などを教えてくれますよ。

はい、ドライクリーニングはネバネバやベトベトと取るのは超得意なんです♪
ではでは~

 

 

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。
メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。
”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。